経済

ジャパン、伝染病に対抗投資計画2.9%削減

東京 – 日本企業が3月31日に終わる会計年度の最初の計画より2.9%の資本投資を削減している日経調査によると、コロナウイルスは、これらのデータは、1990年代に初めて収集された後、最大の下落を主導しているからです。

しかし、一部の企業は、脱炭消化、医学、デジタル化に長期的な投資を継続しながら、傾向に挑戦しています。

修正された投資計画は、11月末958つの主要な上場企業を対象にした調査では、合計24兆円(2300億ドル)です。 これは前年比3.5%減少したこと、4年ぶりに最大の年間減少を示します。

メーカーは計画を3.8%減らし、非製造業部門は支出を1.7%削減しました。 調査された32個の産業のうち24個が削減されました。 化学、航空輸送、ゴム部門は、特に大きな減少を示しました。

しかし、調査に参加した133社の企業は、伝染病にもかかわらず、投資計画を増やしました。 TDKは、電子部品メーカーが脱炭消化の波に乗りながら支出を11.1%増やした2,000億円に増やしています。

石黒重直社長は「我々は、電動バイクや家庭用電池などの製品の開発と生産に投資しています。」と言いました。

製薬会社塩野期初期の計画より80%増の195億円を投資する予定である。 この増加は、開発中のコロナウイルス対策のための岐阜県の工場に入ります。

手代木功(Isao Teshirogi)大統領は「良いワクチンを考えて出しても、必要な量を作ることができない場合は意味がない」と述べた。

伝染病緩和と労働力の減少に関連するデジタル技術への投資も急務です。 スーパーマーケットオペレータであるLife Corp.は、同社が半自動レジに資源を注いで注ぎながら投資計画を35.4%310億円に増やしました。

日本の人口減少は、海外市場をはるかに重要になります。 セブン・アンド・アイ・ホールディングスは、外国人投資を当初の計画では1,060億円で、20%増やし、米国コンビニ新規オープンを拡大する予定である。

2008年のグローバル金融危機以降、日本企業は投資をゆっくり増やし、中国、韓国、台湾企業が積極的な投資で、電子製品の市場占有率を確保することができるようにした。

日本の研究所の経済学者道徳成瀬は「デジタル化のような成長分野の未来志向的な投資を継続していなければ敗北するだろう」と述べた。

自動車などの産業は、2020会計年度の収益見通しをアップグレードし始めて需要が回復しています。 しかし、自動車産業は、半導体不足に苦しんでおり、生産量を削減します。 自動車産業が経済全般に大きな影響力を及ぼしているため、来年度の設備投資計画に影響を与える可能性があります。

READ  西武001系Laviewブルーリボン賞授賞式開催「完成度が非常に高い魅力ある車」は、侃々諤々の議論の末に生まれた| 鉄道ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close