エンターテインメント

ジュニアウィンブルドンチャンピオン望月、デビスカップ日本デビュー

全世界ジュニア1位慎太郎望月は、日本がイスラマバードのパキスタンスポーツコンプレックスで行われた世界のグループIでパキスタンとの対決ながらデビスカップデビューを控えている。

2019年ウィンブルドンで男子ジュニアシングルクラウンを獲得した17歳の望月はアキルカーンと子供三呉市を満たす土曜日(3月6日)に綿貫洋介とチームを達成する予定だ。

明日内田カイ値呉市と綿貫がカーンを相手に一日の後、逆シングル対戦する様子を見ることになるでしょう。

日本の主張Satoshi Iwabuchiは「当然、私たちは、東京オリンピックで重要なランキングポイントを得るためにサーキットで走っのに忙しく走る私たちのトップ7選手を逃しているが、我々はまだ国のために勝つ花火を持っています」と言いました。

“最高の選手が [Watanuki] 次のステップに進むためのキャンペーンを開きます。 “

この週末の他のワールドグループIタイは、ウクライナキエフのマリーナテニスクラブで、イスラエルを相手にすることを表示します。

両方の戦いの勝者は9月まで待たなければなら自分が2022年デビスカップ予選進出のための最高のランキング8チームに属しているか、または、11月に開かれる予定の追加のノックアウトラウンドに出場するかどうかを確認する必要があります。

しかし、勝たなければ、来年2月に開催されるワールドグループIのプレーオフに進出することになる。

世界のグループIIでは、ポーランドが、エルサルバドルを開催しブルガリアのソフィアでメキシコを相手します。

ポーランドは世界30位Hubert Hurkaczがないだろうが、書類上エルサルバドルの強力な反対のように見えます。

Kamil Majchrzakは、ポーランドが、エルサルバドルを制圧することを希望します。 ©Getty Images
Kamil Majchrzakは、ポーランドが、エルサルバドルを制圧することを希望します。 ©Getty Images

25歳のKamil Majchrzak、前ユースオリンピック金メダリストで上位100位の外にあるポーランドは22歳のKacper Zukを指名しました。 彼は彼の最後の二つのテニス協会の8強に上がりました。 専門家チャレンジャーツアーイベント – チームで。

しかし、ポーランドの主張マリウスフィルステンベルクは、自分の国のために30回の引き分けを記録した信頼できるマルセロアレバルロが登場する、エルサルバドルを警戒します。

「デビスカップには独自のルールがあるので、私たちは何でも期待できます。」とFrystenbergが言いました。

「すべての人が健康で雰囲気が素晴らしいし、これは私たちにメリットを提供しています。

「私たちの相手チームはMarcelo Arevaloで優れた選手1人を保有しています。彼は、最大3点まで得点することができます。

「しかし、我々は、100%準備ができて、ワールドグループIから来年プレーオフ進出に集中しています。 “

World Group IIタイで最も高い順位を占めた8人の勝者は、自動的に2022 World Group Iプレーオフに進出します。

最下位の4つのチームは、11月に行われる追加のノックアウトタイに参加する予定であり、2人の勝者は2022年に世界のグループIのプレーオフに進出し、2人の敗者は、2022年に世界のグループIIプレーオフに競争します。

残りの20個の世界のグループIおよび世界のグループIIのタイは9月に予定されています。

READ  [TGS 2020]「PSO2 NEW GENESIS Introduction」レポート。 現役アークス新しい千年紀の開始を眺める

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close