スポーツ

ジョコビーチはロランガロスで8強戦でナダルと対戦する。

ディフェンディングチャンピオンのノバクジョコビッチと13回の勝者ラファエルナダルが引き分け発表後、フランスオープンで8強衝突コースを走っています。

ノバクジョコビーチ
写真: AFP

世界1位のジョコビッチがコロナ19予防接種をしないことに決め、オーストラリアオープンを控えてメルボルンから追放され、グランドスラムに復帰し、日本の西岡吉仁を相手にキャンペーンを開始する。

彼はナダルだけでなく、スペインの10代のカルロス・アルカラズ、世界ランク3位のアレクサンダー・ズベレフと共に引き分けを記録し、最も大変な試合を繰り広げました。

フランスオープンはコロナ19ファンデミック(世界的大流行)で、過去2つの大会が中断されてから3年ぶりに初めて正常運営される。

ロランガロスで開かれたチョチュチュシクに参加したジョコビッチは「予選のためにすでにここに来たすべてのファンを見ると驚く」と話した。

引き分け下位圏で昨年準優勝者のステファノスチッチパスは昨年ジョコビーチを4ラウンドから5セットまで追い詰めたイタリア・ロレンツォ・ムセッティとの1ラウンド試合で厳しい対決を繰り広げる。

ロシアの選手たちが自国のウクライナ侵攻にもかかわらず競争できるようになるにつれて、世界2位のダニール・メドヴェーデフが8強で同胞であるアンドレイ・ルブレフと対戦することができます。

ウィンブルドンの主催者は、ロシアとベラルーシの選手が今年の芝生のコートのグランドスラムに参加することを禁止することにしました。

女子抽選では、3年ぶりに2度目のフランスオープン優勝を狙う人気のイガ・スウィーテック(Iga Swiatek)が、過去16強で元チャンピオンのイエレナ・オスタペンコ(Jelena Ostapenko)と対決することができました。

Ostapenkoは、日曜日のフランスオープンが始まる前に5つのタイトルを獲得し、28試合連続無敗を始める前にポーランド世界1位に勝った最後の選手でした。

ディフェンディングチャンピオンのバルボラ・クレイチコヴァ(Barbora Krejcikova)は、世界ランク1位のビクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka)と最後の16回衝突コースにある。

メディア活動をスキップして精神健康問題を理由に昨年大会で棄権したナオミ大阪は27番シードである米国のアマンダ・アニシモバと対戦することになった。

-ロイター

READ  レッドブルF1の代表 "2022年のエンジンを最終的に決定するのはマテシトチュ"[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close