エンターテインメント

ジョセフ、アイルランドのライオンズの試合のため、日本WC英雄を呼び

日本の監督であるジェイミージョセフ(Jamie Joseph)は、過去2019年にイギリスとアイルランドのライオンズ、アイルランドとの “巨大な”試合で日本ワールドカップの英雄19人を彼の最初のチームに指名しました。
日本は1年半前から南アフリカとの準々決勝でプレーしていないが、6月26日エジンバラでライオンズに会って7月3日にダブリンでアイルランドを相手にすることです。
ジョセフは、限られた準備時間がブロックバスターの衝突を控え、今週のトレーニングキャンプのための部品が会ったときに、「非常に簡単に維持」しなければならないということを意味すると警告しました。
「二つのテスト試合はすべて巨大です。日本が数年前に英国のライオンズとアイルランドとの試合を開始することを考えた場合、耐えられないでしょう。」と彼は記者に言いました。
「これはチームとして、私たちに新しい環境です。私たちは仕事を非常にシンプルに保つが、我々は非常に高く、物理的であり、非常に高速な海外に進出するだろうと思っているの強さに維持することです。」
ジョセフの36のメンバーには、主張マイケルリッチを含む2年前、日本のワールドカップ準々決勝に進出した選手のうち19人が含まれます。 今季のスーパーラグビーアオテアロアでオタゴハイランダーズでプレーしたルーズフォワード一樹姫炉​​クレルモンウィンガー松島コータローがすべて指名されて、ヨーロッパに到着するとチームに合流する予定だ。
ジョセフは「テスト試合での経験がある選手が必要です。
「その選手が良い状態であるか、最小限の準備時間で必要な経験を持っていると感じたとき、私たちは、その選手を選択しました。」
日本は6月12日、アイルランドを相手にW杯優勝を収めた歴史的な静岡で開かれるライオンズ試合を準備します。
彼らは11月にマレーフィールドに戻って8日のワールドカップに進出するスコットランドを相手に勝利する予定である。
「このツアーは、私たちが再接続して、どのように進行していることを確認する開始点であるだけです。 ワールドカップに行くまでのミックスがどのように終わるか知ることができます。 “Josephが言いました。

部品

Forwards:Keita Inagaki、Asaeli Ai Valu、Shinnosuke Kakinaga、Jiwon Koo、Craig Millar、Yukio Morikawa、Atsushi Sakate、Shunta Nakamura、Kosuke Horikoshi、Mark Abbott、Wimpie van der Walt、Uwe Helu、James Moore、Naoki Ozawa、Ben Gunter、 Jack Cornelsen、Pieter Labuschagne、Michael Leitch、Tevita Tatafu、Amanaki Lelei Mafi、Kazuki Himeno
Backs:Koki Arai、Naoto Saito、Kaito Shigeno、Yu Tamura、Rikiya Matsuda、Shota Emi、Siosaia Fifita、Semisi Masirewa、Kotaro Matsushima、Lomano Lava Lemeki、Shane Gates、Ryoto Nakamura、Timothy Lafaele、Gerhard van den Heever、Ryohei Yamanaka。

READ  福島で強い地震で数十人が負傷し

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close