エンターテインメント

ジョニー・デップ主演「水俣」、日本の秋公開予定:朝日新聞

米国の写真家ユージン・スミスのジョニー・デップが主演を引き受けた映画「水俣」は熊本県水俣で発生した水銀中毒の破壊的な影響で世界的に注目を集めた作品で、9月に日本で上映される。

この映画は、Smith(1918-1978)と彼の元妻Aileen Mioko Smith(70歳)のような名前の写真集をベースにします。

この物語は、スミスが水俣で写真を撮るよう奨励しながら、次のように言いました。「日本には有害廃棄物を海に捨てている会社があります。 私たちは、あなたが必要です。 “

1971年以来、3年の間に水俣病患者が多く発見された地域で暮らした。 彼らはまた、汚染を担当する化学会社であるChisso Corp.の最初の訴訟で原告の家を訪問しました。

スミスの写真、特に上村智子(1977年21歳で死亡)と母親の子宮から有機水銀にさらされた64歳の忍坂本の写真は、患者や家族が水銀中毒にどれだけ荒廃された世界に示した。

「水俣」は、昨年2月にベルリン国際映画祭で初めて上映された。

真田広之はチッソとの補償交渉を主導して被害者を救うために戦った水俣病患者である河本てる上がる連想させるキャラクターで出演する。

真田はベルリンで開かれた記者会見で、「私は若い世代には決して忘れず再び起こらないために、この話を伝えることが好きです。

デブはメディアと映画が社会問題への関心を呼び起こしてメッセージを送信する力があると信じそうすることができていることが個人的な夢だと付け加えた。

日本で映画配給会社のLongride Inc.によると、「Minamata」はSmithとAileenが水俣を初めて訪問したか、50年ぶりの9月に東京と他の場所で公開される予定です。

その記念日を記念するために、同社は全国公開前に都市で上映を予定している。

水俣病は、チッソ工場で不知火年で放出されたメチル水銀が含有された産業廃水に汚染された水産物を消費して発生しました。

この病気は、1956年5月1日に正式に認められました。

アイリーンは、4月21日朝日新聞に「水俣を初めて訪問した際(1971年)正式に認められたか、すでに15年が過ぎた」とし「その写真を撮ったか、50年になったが衝撃的だ。 中央政府がまだ適切な健康調査を実施していなかったということです。 この映画は、多くの人々が現在の状況を学ぶ出発点が必要です。 “

READ  ストリーミングとCOVID-19は、アニメーションの世界人気を確固たるものでした。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close