世界

ジョーカーで扮した男性、東京列車で17人負傷:NPR

11日、東京のある鉄道駅である男性が通勤列車で刀を振り回して乗客数人を刺して火災を出した後、緊急救助隊と警察が出動している。

京都ニュース via AP


キャプションを隠す

キャプショントグル

京都ニュース via AP

11日、東京のある鉄道駅である男性が通勤列車で刀を振り回して乗客数人を刺して火災を出した後、緊急救助隊と警察が出動している。

京都ニュース via AP

東京 — 日曜日に東京通勤列車でバットマンのジョーカー衣装を着てナイフを振り回す男が火を始める前に複数の乗客を刺しました。 警察と目撃者たちは、この攻撃で人々が急に脱出し、窓から飛び出したと話した。

東京消防当局は重傷を負った乗客3人を含め、乗客17人が負傷したと明らかにした。 これらすべてが刀に刺されたわけではなく、他の負傷者のほとんどは深刻ではないことが知られています。

NHKは24歳の男性と確認された容疑者は現場で逮捕され殺人未遂の疑いで調査を受けていると伝えた。 彼の動機はすぐに知られていませんでした。

日本テレビは、容疑者が警察に殺人し、死刑を宣告したいと言ったと報じた。

目撃者たちは、警察に攻撃者がバットマン漫画のジョーカーやハロウィンイベントに行く人のように、緑のシャツ、青いスーツ、紫色のコートを着て明るい服を着ていると警察に語った。

東京警察関係者は、今回の攻撃が国間駅近くの京王電車内で発生したと明らかにした。

テレビ映像には多数の消防士、警察、救急隊員が乗客を救う姿が盛り込まれ、これらの多くは列車の窓から脱出しました。 ある映像で乗客たちは炎が吹き出てくる別の車から逃げていた。

NHKは、容疑者が乗客をナイフで刺した後、ペットボトルに入れた油のような液体を注いだ後、火をつけて座席の一部を燃やしたと伝えた。

映像を撮影した木村俊介は、NHKに乗客が必死に走っているのを見て、何が起こったのかを調べようとしながら爆発音と煙が咲くのを見たと話した。 そのやはり窓から飛び降りたが、プラットフォームから離れて肩を傷つけた。

木村は「電車の扉が閉まっていて何が起きているのかわからず、窓から飛び降りた」と話した。 「ひどかった」

今回の攻撃は2ヶ月ぶりに東京列車にナイフを振り回した2回目の攻撃だった。

東京オリンピック閉幕式の前日である8月には、東京で通勤列車で36歳の男性が乗客10人を凶器で刺した。 容疑者は後で警察に幸せそうに見える女性を攻撃したいと言った。

日本では銃撃で死亡することはまれですが、近年、世間の注目を集める一連の剣の殺害事件が発生しました。

2019年には2本のナイフを持った男が東京郊外のバス停で待っていた女子生徒を攻撃し、2人が亡く​​なり、17人が負傷した後、自分で命を落としました。 2018年には新幹線で一人の男性がナイフに刺され、乗客を殺害して2人に負傷しました。 2016年には、障害者療養院で働いていた元職員が19人を殺害し、20人以上を傷つけました。

READ  カリブ海のセントヴィンセント島で火山が二番目に分化します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close