経済

ジョージア首相、日本開発銀行会長と投資協定の議論

イラクリ・カリバシビリ・ジョージア首相と木下康志日本開発銀行総裁は、火曜日にダボスで開かれた世界経済フォーラム(WEF)の一環として会い、最近締結された両国間の業務協約について議論したと政府が明らかにした。

会議で、カリバシビリとキノシタは自由化、投資促進、投資保護に関する協定を検討し、この協定がジョージアの投資環境の発展に「肯定的な影響」を与え、新しい投資家を誘致すると述べました。

会議の後、カリバシビリは量子投資協定の重要性についてツイートを残しました。

両管理はまた、感染症後のジョージアの経済回復指標について議論した。

Garibashviliは、日本の開発銀行の代表団をジョージアに招待し、その国のビジネス環境に関する「直接的な知識と経験を得る」。

READ  米国は世界経済をリードしています。 それはいつの問題になりますか?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close