ジョージ・ターナーは日本に転換した後、スコットランドの未来への疑問を提起する。

1 min read

スコットランドの第1位の売春婦ジョージ・ターナー(George Turner)は、彼の国家代表のキャリアに影響を与えると思われる動きで、日本チームKobelco Kobe Steelersと契約しました。

グラスゴーは先月31歳のフォワードが今シーズンの終わりにスコストンでの7年間のキャリアを終えると発表し、これは彼が45試合に出場すると同時に行われました。

火曜日に、ターナーが2024-25シーズン神戸に参加することに合意したことが確認されました。 この移籍を通じて元ウォリアーズ監督のデイブレーニは現在日本側で同じ役割を担っています。

グレゴール・タウンセンドの選抜XVの主軸となった最前方選手は、2019年日本ワールドカップでプレーしながら極東地域に移籍しようという熱望が燃え上がったと明らかにしました。

ターナーは「コビー・スティラスで遊ぶことが本当に期待される」と話した。 「私は日本に住んで遊ぶ良い機会を逃すことができませんでした。 私は2019年ワールドカップ以来ずっと帰りたかった。

「Kobeは素晴らしいチームであり、彼らの成功に私ができることをすべて追加したいと思います。 これは自分自身だけでなく、この経験を通して多くを得る家族にとっても素晴らしい冒険です。 日本のラグビーは本当に興味深く挑戦してみたいです!」

Turnerは、次の2週間の終わりにUnited Rugby Championshipの栄光を得ることができれば、Glasgowを最高水準にする機会があります。 ウォリアーズは今週土曜日のプレイオフ準決勝戦でモンスターと遠征試合を繰り広げます。

ターナーは2019年ワールドカップで日本で遊ぶことを楽しんだ(Adam Davy/PA)

この動きがTurnerのスコットランドのキャリアにどのような影響を与えるかはまだわかりません。 彼を選抜することを厳しく妨げることはありませんが、日本のラグビーリーグワンスケジュールはSix Nationsと直接衝突し、トーナメント参加は明らかに危険にさらされています。

ターナーに加えて、スコットランドは現在スチュワート・マッキンリー(Stuart McInally)が去年の夏引退し、フレイザー・ブラウン(Fraser Brown)が今夏に引退し、デイブ・チェリー(Dave Cherry)が脳震盪で昨年ワールドカップ代表チームから脱退した後、国家代表チームでするなど、現在フッカーに対する確実なオプションが不足している。 チーム休憩日ニースのチームホテルの階段で滑ったとき。

ターナーの移籍結果によってターナーが出場できなくなると、エジンバラのリラックスアッシュマンとフリースコアグラスゴーのフォワードジョニー・マシューズがタウンセンド監督が使用できる唯一の売春婦になります。 北米と南アメリカの夏旅行。

READ  ツアーがバンコクの密室戻ります。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours