ジョーンズは日本をラグビー4強の一つにすることを目指しています。

Estimated read time 1 min read

エディ・ジョーンズは、オーストラリアのラグビーコーチで2番目に赴任したことについて後悔せず、日本を世界最高の4チームのうちの1つにする計画だと述べた。

彼はまた、日本の野球スーパースター大谷翔平のようなグローバルスポーツ才能を発掘することに夢中です。

ジョーンズはオーストラリアとの悲惨な短命の試合と、2019年のワールドカップ決勝戦に進出したイギリスとの7年間の試合の後、日本を2番目に引き継いだが、不振な試合の終わりに辛く終わった。

現在12位のBrave Blossomsを務めた彼の最初の試合は6月22日、東京で彼の旧チームである5位イングランドとの試合です。

ジョーンズは水曜日、東京にある日本外信記者クラブで記者たちに「私たちが上位4位に入らない理由がない」と話した。

「私たちは冒険的で、日本人の本能に適しており、積極的な新しいスタイルのプレイを作成する必要があります」

彼はまた、才能のある選手をチームに引き付けることについて話しました。

ジョーンズは日本の国民的英雄である二重脅威メジャーリーグ野球選手に言及し、「若い選手たちが最高の選手になりたいという野望を持たせ、次世代ラグビー大谷を作る方法に関するもの」と付け加えました。

ジョーンズは、自分がチームを「より良い場所」に去ったと言い、9試合でたった2勝だけを収め、2023年ワールドカップでオーストラリア初出発したオーストラリア代表チームの任期を擁護しました。

彼は「短時間で最善を尽くそうと努力し、うまくいける若い選手団がオーストラリアを去ったと思う」と話した。

「時には状況をより良い場所に任せる必要があるかもしれませんし、失敗に対する責任を負う必要があるかもしれません。大丈夫です」

READ  ウェールズはイングランドとの衝突を控えてストライキを避けた後、前進する準備ができています。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours