経済

スイス、日本の首脳が貿易協定アップグレードを模索することで合意

土曜日にあったシュガーとの出会いは、朴大統領が日本滞在期間のうち、最初の公式会談だった。 EPA /フランクロビーション/プール – キーストーン

このパルメリンダスイスの大統領は土曜日、東京で菅義偉日本の首相と会談した後、両国間の経済的絆が強く関係が優れていると言いました。

このコンテンツは、2021年7月24日11:13に投稿されました。

キーストーン-SDA / gw

経済部長でもあるParmelinは、2009年、両者間の自由貿易協定(FTA)をアップグレードする必要があると強調しました。 特に日本は、欧州連合(EU)との貿易協定を締結した状態であるため、スイス市場へのアクセスを向上させる必要があります。 シュガーはそのための機会を研究する準備ができたと述べた。

Covid-19感染症が原因で会談が遅れる後今アルパイン国とアジアで二番目に重要な貿易パートナーとの間の技術の議論が開始されます。

会議でParmelinはまた、教育、研究、技術革新のためのスイスのネットワークswissnexの新しいオフィスを大阪領事館に開設したことを歓迎した。 オフィスは2022年に運営を開始する予定です。

キャンセルされた会議

シュガーとの出会いは、朴大統領が日本滞在の最初の公式会談だった。 Parmelinは徳仁天皇と茂木町ミス外相と金曜日に予定されて会議をキャンセルするしかありませんでした。

波メリンダは、日本の首都で開催される夏季オリンピックの開会式に出席するために定時に到着した。

土曜日にParmelinはIOC委員長のThomas Bachと地域経済問題の専門家たちも会いました。

READ  [닛산 노트 신형 시승]ヤリスと合わせて驚きを超えた!? 新しいe-POWERの世界観...吉川健一| 応答(Response.jp)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close