トップニュース

スキー:日本の川村、住吉、ワールドカップで大物ポディウムに仕上げ



日本のキサラ住吉(9歳)と川村アンリが2021年2月4日、ユタ州ディアバレーで行われたワールドカップ女子フリースタイルモーグルスキー大会を記念している。 (AP写真/リックボマー)



日本の川村アンリが2021年2月4日、ユタ州ディアバレーで行われたワールドカップ女子フリースタイルモーグルスキー大会でジャンプを跳び越える。 (AP写真/リックボマー)



日本のキサラ住吉は2021年2月4日、ユタ州ディアバレーで行われたワールドカップ女子フリースタイルモーグル大会でジャンプを跳び越える。 (AP写真/リックボマー)

東京(教徒) – 日本の川村アンリとキサラ住吉が木曜日ユタ州ディアバレーで開かれた国際スキー連盟フリースタイルスキーワールドカップで女子モーグルでそれぞれ2位と3位を占めた。

時間、空気、回転などの3つの部門の両方で最高の成績を記録した、フランスのオリンピックチャンピオンPerrine Laffontはワールドカップ4連勝で大物クリスタルグローブを獲得しました。 彼女の最終的な合計は83.23点でした。

16歳の準優勝であるKawamuraはワールドカップ3連覇で80.94点を、20歳のSumiyoshiはワールドカップで初の表彰台に79.55点を記録した。

今季第二のワールドカップ優勝を狙っていたがクマ堀島は2018年のオリンピック金メダリストであるカナダのミカエル・キングスしまうが優勝した男子モーグル決勝で5位を占めた。

Kingsburyは訓練で脊椎二つ折れてからわずか2ヶ月で大会に復帰しました。

READ  フェルースタトペᆫ「ボットスよりも0.3秒以上遅い。インストールの最適化が必要である」レッドブルホンダ[F1 제 16 전 금요일]- オートスポーツweb

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close