スケートボードストリート – 日本の白井そら、東京2020の胸の痛みを癒す希望:「パリがすべてです」

Estimated read time 0 min read

白井そら:「私はそれがパリに関するすべてであることを知っています」

3年前、スケートボードが東京オリンピックにデビューした時、白井は金メダルを獲得し、自国スポーツの顔になった堀目より先に日本男子最高ランクに上がりました。

一方、白井は決勝進出に失敗して総合9位を記録した。 彼の才能にもかかわらず、彼はその後ホリゴメの2番目のヴァイオリンと考えられています。

オリンピックが5ヶ月前に迫ってきた中、彼は生きているアメリカの伝説に続き、再び日本出身の世界1位2位になりました。 ナイザヒューストン。 白井は2回目の連続オリンピック出場権を確保できる良い位置にあります(堀目は予選を控えており、彼は日本スケーター3位内に入らなければならず現在4位です)。

パリ2024に出場する資格がある場合、白井は東京でした間違いを繰り返さないでしょう。 彼は人々が疑うことを知っています。 彼は自分が疑いを抱くことになることを知っています。

そのため、誰よりもパリを望む白井にとって、パリはさらに重要だ。

白井は世界チャンピオンになった後、「私は今回の大会にすべてを捧げましたが、結果が出て本当に嬉しいです」と語った。 「私は近くに近づいたり授賞台に上がったが、決してチャンピオンになったことはない。

「チャンピオンになるということは…」 どのように表現するのか分かりません。 しかし、私は長い間優勝することができず、私が愛する都市である日本で優勝することができてとても嬉しかったです。

「誰もが私にパリに行くことができるかどうか尋ねます。 彼らは私にそこでどのように過ごすか尋ねません。 私はそれが私にパリに関するすべてであることを知っています。 あまりにも多くの影響を与えるので、非常に重要です。

「パリはすべてです。 私たちが知っているスケートボードのすべてではありませんが、パリは私が報酬を受けることができる唯一の場所です。 他の場所ではありません。 そして私はその点を誰よりもよく理解しています。 パリは私にとって1位です。」

READ  チャンピオン騎手の川田氏は、Ushba Tesoroが日本のすべての人々を誇りに思ったと語った。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours