スズカはまだF1ジャパンの法案にスーパーフォーミュラを追加することに夢中です。

Estimated read time 1 min read

昨年は、スーパーフォーミュラプロモーターであるJRPの上野吉久社長と鈴鹿レース主催側の間に日本最高の国内一人乗りシリーズをこのイベントにもたらすための会談がありました。

スーパーフォーミュラは、3月の最初のラウンドと5月の2番目のイベントの間に2ヶ月の間隔を置いて、F1サポートイベントが潜在的に開始されるようにしました。

Super Formulaのサポートスロットは、スケジュールと敗北物流のために2024年に実現されませんでしたが、Motorsport.comとの独占インタビューで、Suzuka社長Saito Tsuyoshiは2025年にシリーズを歓迎したいと述べました。

「決定はフォーミュラ1にも依存しますが、スーパーフォーミュラは日本で最高のレーシングカテゴリーです」とサイトは言いました.

「したがって、同じ週末にF1とスーパーフォーミュラを一緒にすることは非常に興味深いことになるでしょう。可能性があり、私たちはこのオプションを歓迎しますが、もちろん決めることはできません。

「同時に、私たちはスーパーフォーミュラに焦点を当てるだけではありません。私たちにとって、それは主にファンに週末を通して最高の組み合わせを提供することです。

「もちろん、スーパーフォーミュラはそのような可能性の一つですが、最も重要なのは最高の週末パッケージを持つことです」

Max Verstappen、レッドブルレーシングRB20

写真提供:マークサットン/ モータースポーツ画像

F2、F3、またはF1アカデミーフィーダーシリーズがない中、国内のフェラーリチャレンジジャパン(Ferrari Challenge Japan)とポルシェカレラカップジャパン(Porsche Carrera Cup Japan)が先週末のレースで支援費を占めました。

今年から日本は、記録的な24レーススケジュールを合理化し、持続可能性の努力を向上させるというF1の熱望の一環として、伝統的な秋の日から4月のレースに切り替えました。

F1とFIAが共同で来年日程を発表した金曜日に公開されているように、日本は2025年にも新たな席を守り、オーストラリアと中国のダブルヘッダーに続き、今年3回目のグランプリとなります。

Saito氏は、Suzukaが独自の持続可能性計画に合わせてF1の日付変更要求を受け入れることを嬉しく思います。

「我々は、F1の物流に関して持続可能性目標を達成するために、世界的にCO2排出削減を目指している」と彼は説明した。

「フォーミュラ1は、オーストラリアとの物流の観点から世界の地域のレースをより多くパッケージ化したいと考えていました。したがって、F1はこのレースを年末ではなく春に移すことを提案しました。

「当社も持続可能性に焦点を当てているため、F1の提案に同意しました。

「私たちは今年中にこの時期にとどまると信じています。これは、Formula 1が物流に関するすべてのアイデアと一致しているからです。私たちは彼らの決定に喜んで同意します」

また読んでください:

READ  コンセンサス構築者Fumio Kishida、日本の次期PMになる態勢:NPR
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours