スポーツ

スタンドから悪口 “お金返して!」西武5連敗に辻監督「序盤に7失点はひどい」| Full-count |フルカウント – 野球・MLB総合コラムサイト –

西武は26日、本拠地メットライフドームで行われた日本ハム戦で5-8で敗れ、今月6日から13日に7連敗の後、シーズン第二5連覇を記録した。 負債は今季最悪タイの8増えた。 5回には、中村剛也内野手がボッテガボッテガのルー内野安打で通算1500安打を達成したが、勝利で飾った。

西武・辻発彦監督[사진 : 아라카와 유우지]

進歩的な榎田3回まで7失点でKOされる苦しい展開

■日本ハム8-5西武(26日・メットライフ)

[PR]タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダジョン)で完成 “よく情報を確認”

西武は26日、本拠地メットライフドームで行われた日本ハム戦で5-8で敗れ、今月6日から13日に7連敗の後、シーズン第二5連覇を記録した。 負債は今季最悪タイの8増えた。 5回には、中村剛也内野手がボッテガボッテガのルー内野安打で通算1500安打を達成したが、勝利で飾った。

また先発投手が序盤に襲った。 榎田は2回にビジャヌエバに先制3号3ランを食べるなど、3回途中7失点KO。 突然7点ビハインドの開始は、さすが泥棒打線も大変でした。

6回にわたってジェンバグの7号3ランなどで一挙5点を奪い、2点差に追い上げ場面もあったが、リードしている状況で、あえて9回にマウンドに送った守護神増田が先行渡辺左翼ポール市に費用がかかるかかるソロを受けて万事休す。

先発投手が序盤の大量失点することも味方打線が追撃後リリーフ陣がくさびゴールを許しても、前日25日のリプレイを見るように。 辻発彦監督は試合後、「序盤の失点が痛かった。競争していかなければいけない、7点は大変でした。榎田コントロールがもう一つ。球威がなければ、コントロールは、行かなくてもいけないこと」と嘆い節であった。

この日は、主張ゲンダイ打撃不振に今季初先発落ちた。 それでも7回の守備から途中出場し、9回に訪ねてきた打席で中前打を打った。 辻監督は「(相手先発)杉浦との相性が悪いすぎるので、やはりショットは玄田最終的に1つの出て、これを契機に(曲を)取り戻してほしい」と祈るよう述べた。

入場制限の中でも4604人に達した観客の一部で、最終的に「やっている!」 「お金返して!」と悪口も飛んだ。 2年連続でパ・リーグ優勝不振の闇は深い。

(宮脇広久/ Hirohisa Miyawaki)

READ  [특별 기고]メッシュ」の選手」として扱い、責任回避を続け言葉。 バルセロナの世界の嘲笑の対象となったコバルト埋め| Goal.com

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close