スタートアップベンチャー、島での日本の垂直風力タービン技術テスト:Maui Now

1 min read

Kanoa Winds Inc.の垂直同軸逆回転ツインブレード風力タービンPC:HCDA

日本と関係のあるハワイ素材のスタートアップ企業が、ホノルルにあるカカアコマカイに最先端の日本清浄エネルギー技術をもたらし、研究・実演目的で風力タービン一つを稼動し、島での実現可能性を研究します。

HCDAの発表によると、カノア・ウィンズ(Kanoa Winds Inc.)はハワイ・コミュニティ開発庁(HCDA)と協力してHCDAの起業家サンドボックスにアクセスできるようになり、ここに0.5キロワット垂直同軸反対回転双翼(VCCT)風力タービンを設置する予定です。

HCDAの専務取締役であるクレイグ中本氏は、「こうした小型垂直タービンは、日本全域の人口密度の高い地域で首尾よく使用されている」と述べた。 「私たちは、ハワイのきれいなエネルギーの未来への新しい代替案のために風力を活用するこの技術の小さいながらも強力な能力をテストするために、カノアウィンズと協力することをとても嬉しく思います。」

記事は広告の下に続きます
記事は広告の下に続きます

VCCT風力タービンは安全で清潔な風力発電のために作られており、日本で15年以上交通ハブの近く、産業施設に付着した地域、住宅および混合用途地域で首尾よく使用されてきました。

「日本のVCCT風力タービンは、装置内に鳥が巣を置いていることが知られており、これは鳥とVCCT技術の間の安全性と共存を証明しています。」 日本出身のカノア・ウィンズ創設者兼CEOのかなめたけやが説明しました。 「評判の高い日本マサチューセッツセンターは、環境への影響が最小化されながらも安全性と信頼性に優れ、この技術を支持しました。」

VCCTの主な区別される特徴の1つは、ウエストマウイ山脈に設置されているような従来の水平軸風力タービンよりもはるかに広い範囲の風速で電力を生成することです。 VCCTは約時速7〜134マイルの風速で動作できます。 一方、従来の水平軸風力タービンは通常、約44マイルの時速の風速で発電を停止します。

記事は広告の下に続きます

カノアウィンズは、ハワイの技術開発起業家サンドボックスの近くに0.5キロワットのVCCT装置を設置し、この技術の詳細な研究を行う予定です。 風速発電、機器負荷、安定性テスト、安全評価、野生動物の影響、環境評価です。 高さは街灯より短く、約24平方フィートの面積内に設置されています。

READ  ランダム:Elden Ring、OpenCriticの「最高のゲーム」リストでMario Odysseyをブロックしました。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours