スポーツ

スターノが川野を1秒先にして金メダルを取った。

陸上競技 – 世界陸上選手権大会 – 男子35kmレース – アメリカオレゴンジュユージーン – 2022年7月24日

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

オレゴン州ユージン、7月24日(ロイター) – イタリアのマシュモ・スタノが日曜日世界陸上選手権大会男子35kmレースで日本の川野雅也(Masatora Kawano)を1秒差で抜いて劇的な勝利を収めた。

スターノと川野は決勝戦4kmで先頭フェアで肩を並べたが、イタリア人は圧迫をよく勝ち抜き、決勝戦300mで加速力を発揮して金メダルを首にかけた。

決勝船でイタリア国旗をつかんだ20kmのレースオリンピックチャンピオンは2時間23分14秒で完走し、川野は1秒後に線を越えて絶望にひざまずいた。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

スターノは「オリンピック金メダルを取ったとしても信じられない。理論上は今日何が起こったのか理解しやすいだろうがそうではない」と話した。

「他の街で金メダルを獲得して喜んで、他の街で競うことができることを示しています。カワノは素晴らしいレースをしました。今日勝つために何度もペースを変えなければなりませんでした。

スタノの金メダルは、エレナ・バロルティガラが火曜日の女子高跳びで銅メダルを獲得したのに続き、今年のチャンピオンシップでイタリアの2番目のメダルだ。 もっと読む

日曜日のイベントに参加する最速のウォーカーであるカワノは銀メダルに満足しなければなりませんでしたが、日本人は6ヶ月前に貧血に苦しんで幸せだと話しました。

スウェーデンのPerseus Karlstromは先週20kmのレースで彼の成果を反映して銅メダルを獲得し、青と黄色のバイキングヘルメットを着て、線を越えたときに笑顔を作りました。

これに先立ち、日本の大成松永は、電気出発に続いてレースをリードする際にメダルに向けた準備が整ったように見えましたが、20kmの地点でガスが不足して結局26位になりました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

バンガロールのManasi Pathakを見てChristian RadnedgeとToby Davisを編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  視覚障害者セントルイス水泳選手、東京2020パラリンピックで銀メダル獲得

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close