スターバックスジャパン、醜いフルーツを生かすためにバナナ・ブリュレ・プラプチーノの新製品発売 – SoraNews24 -Japan News-

1 min read

限定版の飲み物やお菓子のため、廃棄物容器からバナナ300万個を節約できます。

フルーティープラプチーノは現在日本のスターバックスの季節の代表メニューで、いちごが現在メニューのスター素材です。 しかし、すぐに謙虚な人々も参加するでしょう。 バナナ新しいフラプチーノとスイーツデュオの形で、味も美味しいというが地球にもいいです。

それだけ バナナブリュレプラプチーノ 有名なカラメルデザートにふさわしい炭砂糖の苦い甘みと一緒に熟したバナナ味が出るそうです。 一番下には熟したバナナを入れて作られた果肉がいっぱいのソースが入っており、ボディ感はアーモンドミルクとカラメルソースが合わさって安い味わいが絶品。 ホイップクリームトッピングは、焼きたてのカラメルソースをふりかけて仕上げ、ドリンクの中のブリュレチップは楽しい質感のコントラストを提供します。

スターバックスは、最初の一口は甘いバナナの濃厚な質感を味覚に伝え、二番目の一口は苦いキャラメル、三番目の一口はブリュレチップのカリカリで心地よい質感を伝えると言います。 その後、飲み物をどのように混ぜるかによって様々な味と質感が楽しめ、バナナを主成分とする。

バナナブリュレプラプチーノ Tallサイズのみ販売され、価格はテイクアウト678円(US$4.33)、店内食事690円です。

飲み物に追加すると、2つの新しい甘い軽食が提供されます。 バナナ米粉ロールケーキ (テイクアウトは437円、食事は445円) バナナ米粉マフィン (テイクアウトは285円、食事は290円)

▼5月29日から限定数量で在庫がなくなるまで販売されます。

新しいファミリーをより特別にすることは、フラプチーノを含むすべてのアイテムが「モタナイバナナ」で作られているという事実です。 「モムタイナイ」は日本語で「無駄」を意味します。 これはバナナが一般的に無駄になるという意味です。 食べるのはいいですが、キズが出てあざがあるので、味よりも形を優先する顧客や小売店で拒否されるからです。

▼ こんな愚かな農産物は、一部の国で「醜いバナナ」として販売されます。

スターバックスは、3つの新しいメニュー項目が約300万の「モタナイバナナ」を節約するのに役立つと推定しています。 これは、無駄な農産物のためにお金を失う地球とバナナの農家とディストリビューターの両方にとって良いニュースです。

5月29日に販売されるバナナが入っているフラプチーノとお菓子を購入して無駄防止に一助になって嬉しく思います。 お菓子は在庫がなくなるまでのみ販売されますが、飲み物は7月9日までメニューに表示されるので、数秒間継続して戻るのに十分な時間を提供します!

出典、画像:プレスリリース
●SoraNews24の最新記事が掲載されるとすぐに聞きたいですか? Facebookで私たちをフォロー そして Twitter

READ  日韓首脳、両国関係の推進に合意
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours