スポーツ

スター投手田中、日本のファンとオリンピック金メダルをしたい、スポーツニュース

日本の野球スター田中雅弘(Masahiro Tanaka)は土曜日に、今後の東京オリンピックで金メダルを獲得して、日本のファンと一緒にお祝いすることを希望すると述べた。 投手は、ニューヨーク・ヤンキースと7年ぶりに家に帰ってきた。

東京で開かれた記者会見では、現在の楽天イーグルスで走るように準備された32歳の子供は、延期された夏季オリンピックに出場する可能性について質問を受けました。

「私は参加する機会があれば拒絶する理由がない」と彼は言った。

「北京オリンピックでプレーをするとき苦い感じがした…今度は金メダルを取りたい」と彼は付け加えた。

「日本のファンの前でピッチングすることができているという事実に非常に期待される。」

今年のゲームのタイミングは、特に意味があると彼は言った。 2011年津波が日本で数千人の命を奪った10年ぶりに来たのである。

スター投手田中は2007年から2013年までのイーグルスでプレーし、このチームは、災害に見舞われ、仙台でのファンの喜びを満喫して最初の「ジャパンシリーズ」のタイトルを獲得しました。

彼は翌年ヤンキースと7年1億5500万ドルの契約を開始した。

楽天の三木谷浩史会長は、今年田中の投球が日本に「活力を吹き込んでくれる」と述べた。

最初は昨年開かれたが、コロナウイルスが原因で延期された東京オリンピックが7月23日に開始される予定です。

イベントの妥当性に対する懸念が高まっているにもかかわらず、主催者と国際オリンピック委員会は、安全進むことができると主張します。

菅義偉首相は金曜日オリンピックが「世界に希望と勇気を伝えるために」「世界統一の象徴として「開催されるだろうと約束した。

READ  Maxon、日本のディストリビュータービジネスの買収は、日本初支社設立

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close