スティーブン・フルトン、日本で井上に出てくる相手に世界タイトル防衛

1 min read

フィラデルフィアの唯一のボクシングの世界チャンピオンであるStephen Fultonは、5月に彼のキャリアの中で最大の試合のために日本を訪問する予定です。

ウエストフィラデルフィア出身の28歳選手は5月7日、横浜アリーナでバンタム級王井上直尾を相手にスーパーバンタム級タイトル防衛戦を行います。 より重い体重で、Inoueの最初の試合である試合は、ESPN +で日曜日の朝のテレビ放送に生中継されます。

フルトン(21-0、8KO)は6月、ダニー・ローマンを相手に満場一致判定勝ちを収め、2022年唯一の試合で勝利した。 2021年、彼はAngelo LeeとBrandon Figueroaという1組のチャンピオンを122ポンドの統合チャンピオンに決めました。

»続きを読む:West PhillyのStephen Fultonは、彼のタイトルを守るために訓練しながら断食したイスラム教徒のボクシングチャンピオンです。

Inoue(24-0、21 KOs)は3つの体級で世界タイトルを獲得し、118ポンドのバンタム級部門の確かなチャンピオンでした。 彼はESPNとRing Magazineのポンド対ポンドランキングで世界2位に上がった。

「モンスター」というニックネームを持つInoueは19回のタイトル戦をすべて勝ち、そのうち17回はノックアウトを通じて行われました。 彼は去る12月イングランドのポール・バトラーを11ラウンドKOに破ってバンタム級タイトルから退いた。 Inoueは、新しい体給の調整戦いを拒否し、すぐにチャンピオンに挑戦することにしました。

これは彼がInoueの故郷の土地で彼のタイトルを守るので、アメリカ以外のFultonの最初のプロ試合になります。 29歳のInoueは横浜に住んでおり、彼の最後の3試合は日本でいました。

READ  Carleton、無敗のカナダのバスケットボールの女性をFIBAワールドカップ8強に進出させる
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours