理科

ストレスに負けない “弾力性(折れない心)」を身につけるのヒント| MYLOHAS

様々なストレスに囲まれる現代社会では、ストレスと向き合う肯定的な力に変える「弾力性(折れない心)」が必要だと言われています。 それでは、どうすれば弾力性を身につけることができるのか。 そのヒントを与えることが、神経科学の観点から、脳の機能と構造をひも解く「BRAIN DRIVEN(ブレインベース)の性能が高くなる脳の状態は「(ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。

著者青砥瑞人(青砥・みずと)さん日本の高校を中退した後、2012年に米国UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス)の神経科学学部を飛び級で卒業した。日本の応用神経科学の先駆者で、最新の知見を人の成長とWell-being(幸福)に役立つ活動をしています。

BRAIN DRIVEN性能が高く、脳の状態は

予約が取れない人気講義を書籍化

神経科学は脳を含む「神経系」を、細胞および分子メカニズムの解明、新しい学問です。 これまでブラックボックスとして扱わなかなか研究が行われていなかった神経系。 2008年下村博士が「緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見と応用」でノーベル化学賞を受賞したが、これらの成果に基づいて、脳の視覚化が進んだこともあり、2010年以降の論文数が急増しているとします。

この本は、著者が年に数回実施している「脳・神経科学講義」で、「同期」「ストレス」「創造性」という3つのテーマを扱って要約。 医学や科学の知識がなくても、神経科学の本質を理解し、実際に活用できるようにユーモラスなイラストを交えて分かりやすく解説してくれています。

「汝自身を知れ」──メタ認知の重要性

20201020_1

さらに意欲を高めたい。 ストレスとうまく付き合いたいです。創造性を発揮したいと思う──私たちがこのような問題に悩みが少しでも自分を高め、より良い自分になりたいから。 このような観点に立った時、「どうしても避けられない脳の重要な機能がある」と著者は言う。 それは “メタ認知“です。

メタ認知は、自分自身を客観視・俯瞰視したのかの状態。 「汝自身を知れ」という言葉が古代ギリシャの時代から綿々と伝わってきたように、メタ認知を鍛えて、自分自身を部監視することは非常に難しいとします。

では、なぜ難しい。 ここで著者が例を出す自宅から駅までの道にある全州の数です。 何百回、何千回も歩いているはずなのに、多くの人々は、全州の数を覚えていません。 それは、その情報が「脳の捨て “から。 意識的に注意していない情報は、脳の記憶情報に保存しないようにすることです。

これは、自分との情報も当てはまる。 自分に意識的に注意をしなければ、自分の脳に自分の情報が記録されないからである。さらに自分のことはよく知っている錯覚で、ほとんどの人は、意識的に自分を見ようとしてい。 自分でも電柱でも意識的に注意をしなければ、脳に学習させることは非常に困難である。

だから、自分を客観的に把握見る時間と学習が要求される。 最近では、OECD(※)もメタ認知能力が21世紀に必要な能力に非常に重要であると述べている。

(「BRAIN DRIVEN性能が高く、脳の状態は「21ページからの引用)

メタ認知の本質的な意味は、自分自身を客観的に俯瞰的に見ることで、自分の脳の自分についての情報を記録する。

それは “自信をもって“であり、自律的に考えて行動する脳を強化することにもつながる著者は言う。

※OECD …経済協力開発機構。 2020年7月現在、37カ国が加盟。

脳の「rlPFC “ストレス反応を学び変化

20201020_7

これらのメタ認知の重要性は、ストレス対策にも関連してくると思われる。

ストレスは否定的なイメージを持たれがちですが、もともとは生存に必要であるため備え重要なメカニズム記憶力と学習効果、直感力を高める役割もと。

ストレスの肯定的な反応を利用するためには、脳の前頭前皮質の「rlPFC」のキーとなります。rlPFCは事件を並べ分類し分類したりして、パターン化する機能を有する部位。 メタ認知自分を俯瞰したとして活用されている部位であることも最近の研究で明らかになっています。

このrlPFCを活用して、メタ認知を行うと、今まで経験した過去のエピソードと、それによって生じた感情を把握し、どのような傾向があったのかをパターン化することが可能である。rlPFCを活用して、ストレス反応を「苦しみ」だけで終わらず、肯定的な学習を変えることができるです。

成功の前にあるストレスをパターン学習

20201020_2

ストレスを受けた過去を振り返ることは、楽しいことはないが、著者は言う、そこを克服するためのいくつかのコツがそう。

「最初は全くなくて大変だった。しかし、その時期を乗り越えたので、今の幸せがあるんだ。」 そのような何かに成功した時、成功に至る過程で経験した失敗やストレスを振り返り、自分の中で反芻することです。

重要なのは、成功体験を得ることができ、肯定的な感情が出ているときに、失敗の経験やストレスと結びつけて「同時に」学習するものである
これがメタ認知である。 脳の学習では、ここがチャンスである。
結果が見えやすく感情を動かしやすく、簡単に記憶された簡単な成功の経験の記憶に、その過程で味わった辛いストレスの経験の記憶を関連づけて記憶させるものである。 関連付け学習するには、「同時実行」が不可欠である。

(「BRAIN DRIVEN性能が高く、脳の状態は「162ページからの引用)

これらの上記を繰り返して、脳は “否定的な失敗とストレスにも意味がある「ことの学習になります。その学習は、次の壁にぶつかったときのストレス対応につながり、前を向くための刺激にもなるでしょう。

ビル・ゲイツの言葉に見ると、「弾力性」

20201020_3

これらの学習が行われた脳の状態こそ “弾力性(折れない心)「相違ないと著者は言う。なんか失敗なんか成功していたストレスに強い「弾力性脳」を育てることができません

マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツは、こう言った。
「成功を祝うのはいいが、もっと重要なのは、失敗から学ぶこと」
明らかに成功した瞬間は、肯定的な感情に目を向けることも重要である。 しかし、単に祝うだけでなく、単に爽快マンドではなく、背景にあった失敗やストレスなどの否定的な面にも同時に目を向けてみる。 単に否定的な記憶にかけるのではなく、肯定的な記憶とひもで成長に昇華させる。 その脳の学習は、私たちを強くしてくれる。

(「BRAIN DRIVEN性能が高く、脳の状態は「164ページからの引用)

忙しい日常の中で意識的に自分自身を知ろうとしないのと同様に、私たちは、自分の成功経験すらスルーしやすいかもしれません。 ビル・ゲイツをはじめ世に知ら経営者や選手は、自分の記憶と日常直面して弾力性脳を強化しているのです。

小さな勝利と達成感もそこに至る道を振り返り、喜びも失敗も深く味わうことができ、脳の報酬。 この学習プロセスは、ストレスを力に変えて、新たな挑戦を可能にするという著者の言葉を忘れずにしたい。

より良い自分になるために

自己肯定感を高めようとするのは考えていなくてもいい。自分を妨害する「精神ノイズ」を見つけ

「自己肯定感を高めようとするのは考えていなくてもいい」。 そう言うのは、心理カウンセラーの山宏氏。 自己否定のループで道と自分が普段気づい…

https://www.mylohas.net/2020/10/self-affirmation.html

人生を好転させる「自己物語」3段階

習慣的に否定的なことを口にある「負の自己の話障害」になってますかも。 しかし、数週間の間に、自分自身を変えることも可能! 肯定的な自分を作る…

https://www.mylohas.net/2020/08/self-talk.html

[BRAIN DRIVEN(ブレインベース)の性能が高くなる脳の状態は]

Getty Imagesの写真、Shutterstockを通したイメージ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close