ストレス可視化によるインフラストラクチャの保護 – Science View

Estimated read time 1 min read

日本をはじめとする先進国ともに急速な経済成長期に建設された社会インフラは急速に老朽化しており、老後インフラに関する事故が頻繁になっています。 インフラの寿命は、重要なコンポーネントであるコンクリートの劣化のために約50年と見なされます。 コンクリートは内部の化学反応と外部の力によって結局亀裂が生じ、持続的な力の加わるにつれて徐々に進行するいわゆる「動く亀裂」は特に危険です。 しかし、これらの亀裂を見つけることは、かなりの時間と労力を必要とする困難な作業です。 これが、国立産業技術総合研究所(AIST)のチーム長である奈尾寺崎(Nao Terasaki)と彼の同僚が危険な亀裂を輝かせて露出するのに役立つ発光材料を開発した理由です。 この技術は、物体内部の力が集中する位置に薄暗い光を発生させる「応力発光」と呼ばれる。 これにより、小さな亀裂から近い将来に発生する可能性のある亀裂まで、進行中の亀裂を確認できます。 今回のScience Viewエピソードでは、ストレスを可視化したテラサキの画期的な研究を見てみましょう。

一般的なインフラ(橋)検査
国立産業技術総合研究所(AIST)の直生寺(Nao Terasaki)
寺崎は応力発光物質を混合

READ  「家でもマスク」を知っている面倒な新型コロナ家庭内感染対策はつらいよ:J-CASTトレンド[전체보기]
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours