スポーツ

スノーボード選手平野あゆむ、北京オリンピック出場準備

日本のスノーボーダー平野あゆむは、火曜日の来月、北京オリンピックでアメリカの伝説ショーンホワイトとのライバル関係再開を準備しながら、自分を「表現して」「後悔しない」と話した。

平野は2018平昌オリンピックで3回ハーフパイプ金メダリストホワイトに続き2位を占め、日本選手に2回目の大会連続銀メダルを与えました。

今、厄介な23歳の選手は、今シーズン大会で非常に難しいトリプルコルクトリックを初めて着地したライダーになった後、北京最高の賞を狙っています。

昨年東京夏季オリンピックでスケートボードに乗った平野は「後悔せずに私が持っているすべてを捧げたい」と話した。

「私が満足して表現できる演技をしたいです。 私だけができる表現をしたいです。」

ホワイトは35歳の時に米国代表チームに合流した後、自身の最後のオリンピックに出場する。

彼は4年前、平昌で熱烈な決闘を繰り広げた後、平野に勝った。

「平昌にはドラマが多かったです。 誰かに会えば刺激を受けるのにそれが近づいてきたと思います」 彼は言った。

「彼は挑戦が好きで、私たちが感じて物事を見る方法で私たちの間に類似点があると感じています.」

Hiranoは先週末、コロラド州アスペンで開催されたWinter X GamesでオーストラリアのScotty Jamesに次いで2位を獲得しました。

彼はトリプルコルクを着地したが、次のジャンプを完了できませんでした。

北京オリンピックでも日本代表として出場する平野の弟カイシュが銅メダルを取った。

平野長老は、「兄と一緒にオリンピックに行くことができることは非常に大切なことだ。

「彼にとって良い経験になり、彼が自分のすべてを捧げ、自分を定義してほしい」

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  ケニア、久留米でオリンピック前のトレーニングキャンプ進行

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close