理科

スペインの洞窟芸術はネアンデルタール人が作ったという研究結果が確認された| ネアンデルタール人

月曜日に発表された研究によると、長い間精巧せず野蛮だと思われたネアンデルタール人は6万年前にスペインの洞窟で石筍を実際に描きました。

この問題は、2018年の論文が発表されて以来、考古学考古学の世界を揺るがすました。 Cueva de Ardalesの石筍ドームで発見された赤黄土色素が、私たちの絶滅した “いとこ”種からだとします。

連帯によると、この芸術品は、少なくとも64,800年前のもので、現代人が大陸に居住していないときに作成されました。

しかし、この発見は、議論の余地があった「科学記事では、おそらく、これらの色素が自然なものと明らかにした」とPNAS誌に掲載された新しい論文の共同著者であるFrancesco d’Erricoは、AFPに言いました。

スペイン南部いる月レススペイン洞窟の有色石筍の顔料。 写真:Joao Zilhao / ICREA / AFP /ゲッティイメージズ

新しい分析によると、顔料の構成と配置が自然のプロセスと一致していないことに気づいた。

さらに、彼らの質感は洞窟で採取した天然標本と一致していない顔料が外部ソースから来たことを示唆します。

詳細年代測定結果の顔料が10、000年以上離れている別の時点で適用されたことがわかります。

これは、 “ネアンデルタール人が数千年に渡って洞窟に顔料を表示するために複数回きた仮説を裏付けます」とボルドー大学のd’Erricoが言いました。

ネアンデルタール人の「芸術」を先史時代現代人が描いた壁画と比較することは30,000年が過ぎたフランスのショベポン・ダルクの洞窟で発見された壁画と比較することは困難です。

しかし、この新しい発見は、約40,000年前の血統が絶滅したネアンデルタール人が長い間、彼らは描写していたホモサピエンスの不足親戚ではない証拠を追加します。

チームは顔料が狭い意味での「芸術」ではなく「空間の象徴的な意味を永続化しようとするグラフィックの行動の結果」と書きました。

洞窟の形成は、「一部のネアンデルタール人のコミュニティの象徴体系で基本的な役割をしました。」 たとえその象徴が意味するところが、現在としてはミステリーのままです。

READ  中性子星を地球に持って来る

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close