スペイン経済部長官、日本の投資を促す

1 min read

スペインの経済部長官は、日本が再生可能エネルギーなどの核心成長産業にもっと投資する必要があることを促しました。

カルロス・クエルポは先週東京で開かれた経済フォーラムに出席し、NHKとのインタビューを行った。

クエルポは、スペインに対する日本の総直接投資がすでに非常に高い水準にあるが、関係を拡大したいと述べた。

長官は「再生可能エネルギー、デジタル、農食品などの戦略的分野でスペイン企業が日本に進出するよう育成したいのですが、同時に日本の投資を誘致したいと思います」と述べました。

クエルポは、スペインの電力生産で再生エネルギー源が約60%を占めると述べた。
彼は、太陽光と風力発電の高度な技術的専門性を持つ企業が彼の国で運営されていると述べた。

長官はまた、日本でますます深刻になっているいわゆる「オーバーツーリズム」問題についても言及しました。

昨年、スペインは8,500万人を超える外国人訪問者を誘致しましたが、これはファンデミック以前のレベルを超えた数値です。 観光地に集まる多くの訪問者が地元の人々の生活に影響を与えています。

クエルポは「私たちはこれが持続可能でなければならないという事実を本当に念頭に置いて、否定的な結果を最小限に抑える必要があります」と述べました。

彼は、さまざまな行政省との協力を通じてバランスのとれた戦略を開発する必要があると述べた。

READ  綿布ジャパン事前契約保険料385社│Arab News Japan
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours