経済

スペシャルライズドStumpjumper EVO 6種の可変ジオメトリと前後異径ホイールに対応する新たな時代のトレイル自転車 – 新製品情報2021

スペシャルライズドの誇りトレイル自転車、Stumpjumper EVOがフルモデルチェンジ。 160mmでストロークを増やし、新しい登場したニュー・モデルは、6種の可変ジオメトリ – 私の前後異径セッティングに対応するトレイル自転車新しい時代の基準となる一台だ。


スペシャルライズドS-works Stumpjumper EVO(国内未展開カラー) (c)スペシャルライズド・ジャパン
世界初の商業弾MTBで自転車の歴史にその名を残すことがスペシャルライズドのStumpjumper。 1981年に登場以来、スペシャルライズドのMTBラインナップで重要トレイル自転車にその名が与えられてきた。 現在は、XC用Epic、エンデューロのEnduroの間に位置するオールマウンテン/トレイル自転車にラインナップされている。

2018モデルでは特徴的な左右非対称のフレームのデザインにモデルチェンジされた後、登山も下がっても100%楽しめるトレイル用一台で多くのMTBライダーたちに愛されてきたStumpjumper下がる性能をさらに強化したStumpjumper EVOがフルモデルチェンジを果たした。

ドライブサイド側のみインストールされてサイドアームによって必要な剛性を担保するドライブサイド側のみインストールされてサイドアームによって必要な剛性を担保する (c)スペシャルライズド・ジャパン
Stumpjumperシリーズのアイコンともいえるトップチューブとシートチューブを接続する左右非対称のサポートアームデザインは継承しつつ、フロントフォークを既存の150mmから160mmの旅行にロングストローク化(※S1のサイズは150mm旅行)。 Rxトレイルチューニングがされている150mmストロークのリアユニットと一緒に大きなドロップオフでも床アウトしていない大容量を確保した。

新型EVOのサスペンション特性はエンデューロ自転車で高い評価を得たEnduroのプログレッシブ方式に由来チューニングが行われている。 小さなバンプの反応性との中間領域での必死のジャンプで着地のような大きな衝撃に対する制御された行動とトレイルライドで重視される動きを実現している。

活用曲線(左)と車軸軌道(右)のグラフの赤線が新型Stumpjumper EVO灰色の線がEnduroを示している活用曲線(左)と車軸軌道(右)のグラフの赤線が新型Stumpjumper EVO灰色の線がEnduroを示している (c)スペシャルライズド・ジャパン
また、リアアクスルの軌道もEnduroから受け継いだもの。 ストローク初期には、後輪が後方に動くための障害物にかからずにスピードを殺さずに走り続けることを可能にした。 また、メインピボットが上にアンチスクォトゥウル増加させることでペダリング効率も向上させている。

そして新型Stumpjumper EVOの最大の特徴として挙げられるのが、豊富なジオメトリ調整機構である。 最高のトレイルバイクを作り上げるというテーマ、つまりどんな地形でもいくつかの走り方にも対応するということ。 その理想を実現するためには、スペシャルライズド準備の3つのヘッドの角度との二種類のBB高さ、合計6つの組み合わせでジオメトリを選択できる調整機能である。

チェーンステーに設置されたフリップチップを反転させることでBBの高さを調節チェーンステーに設置されたフリップチップを反転させることでBBの高さを調節 (c)スペシャルライズド・ジャパン
チェーンステイのホルストリンクに設けられたフリップチップを反転することで、BBの高さをHighとLowの2ポジションから選択することができますが、ヘッドアングルは偏心ヘッドセットカップを利用して、1°ずつ3段階に調節可能。 BBが高いポジションでは、ヘッドの角度63.5°〜65.5°、低い位置から63°〜65°の範囲でコースに合わせて設定することができる。

また、ダウンヒルレースを発端として注目を前後異径ホイールのセッティングを完全にサポートする。 フロント29インチ、リオウル27.5インチにして走破性と速度はそのままに、よりクイックなコーナリングを可能にするマレットセッティングはトレイル自転車世界でも、今後の標準になることができる傾向にある。 また、27.5インチを装着する場合は、アフターマーケットのリンクを使用する必要があります。

トレイルヘッドに登るも軽くこなす新型Stumpjumper EVOトレイルヘッドに登るも軽くこなす新型Stumpjumper EVO (c)スペシャルライズド・ジャパン
激しい下りセクションでも簡単にこなせる能力を手に入れた激しい下りセクションでも簡単にこなせる能力を手に入れた (c)スペシャルライズド・ジャパン
スペシャルライズド誇りライダーファーストエンジニアリングによって製作されたフレームは、全学年でfact 11mカーボンを使用しており、非常に軽量に仕上げられる。 リアショックとアクスル、シートクランプなどライドに必要なすべての部品を含んだ状態でS4サイズ2,750gという数字を実現した。

また、スペシャルライズド汽船をつけたダウンチューブ内蔵ストレージシステムの「SWAT」新型でも続けた。 容量をさらに15%増加させ、より多くの用品を収納することができるようになった。 付属の専用設計ハイドバッグ “SWAT Bladder」22オンス(650ml)の飲み物を入れて持ち歩くことができ。 複数トレイルをつなぐようなロングも安心できる積載システムへと進化した。

スペシャルライズドS-Works Stumpjumper EVOスペシャルライズドS-Works Stumpjumper EVO (c)スペシャルライズド・ジャパン
スペシャルライズドStumpjumper EVO EXPERT スペシャルライズドStumpjumper EVO EXPERT (c)スペシャルライズド・ジャパンスペシャルライズドStumpjumper EVO COMPスペシャルライズドStumpjumper EVO COMP (c)スペシャルライズド・ジャパン

最高のトレイル自転車で進化した新型Stumpjumper EVOはスラムXX1 Eagle AXS仕様のS-WORKS評価を筆頭に、スラムX01 Eagle仕様EXPERTシマノSLX仕様のCOMPという3種の完成車での展開。 また、S-Worksグレードフレームセットも用意されている。 サイズはS1〜S4までの価格は、S-Works完成差1,155,000円、EXPERTが605,000円、COMPが495,000円、フレームセットが363,000円(すべて税込)。

READ  ナイジェリアの女性、韓国のライバル脱退後WTO主導

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close