スポーツニュース日本がモンゴルを破って12位を記録しました。 これはT20Iの歴史上、2番目に低い合計です。

Estimated read time 1 min read

佐野(日本)、5月8日(PTI)モンゴルはアジアゲームで国際デビューして7ヶ月ぶりに開催国日本との試合でT20国際史上2番目に低い得点である12点を記録して不名誉なマイルストーンを立てたです。 ここ水曜日に。

開催国が打席に選出された後、日本が7打数217打を出すとモンゴルは8.2オーバーに敗れ、2月スペインとのマン島の10打者オールアウト以後T20I歴史上2番目に低いスコアを記録し、悪名高い記録に名前を刻まれました。 2023年26日。

また読む| インド、世界レスリングオリンピック予選に14人代表団参加、パリ2024クォーターを獲得する最後の機会。

日本では17歳の左腕シマー・カズマ・カトー・スタフォード(Kazuma Kato-Stafford)が3.2オーバー波で7打数5安打を記録し、アブドゥル・サマド(2/4)と谷山誠(2/0)がそれぞれ2安打を記録しました。 佐野国際クリケットスタジアム。

Tur Sumaya(11のうち4つ)はモンゴルの最高得点であり、開幕戦のNamsrai Bat-yalaltは最大12の配達に直面しました。

また読む| レアル・マドリード対バイエルン・ミュンヘン、UEFAチャンピオンズリーグ2023-24ライブストリーミングオンラインとインドの試合時間:テレビでUCL準決勝試合ライブ放送を視聴する方法とISTでサッカースコアを更新?

これは7試合シリーズの2番目のT20Iでした。

最初のT20Iで、モンゴルは日本の199打5打に対抗して33打を記録し、166打で敗れた。

これはモンゴルの5番目のT20I出場で、どちらの試合も敗れた後、別予選で退場した杭州展示で国際デビューをしました。

ネパールは国際デビュー戦でモンゴルを相手に314/3を記録したが、この試合は41打を打って273点車で敗れた。

モンゴルも9安打60安打を記録した後、2回目の試合でモルディブに9ウィケット車で敗れた。

ICCによると、バトゥルガ・ゴンボ(Battulga Gombo)の一人は、この国の「クリケットの背後にある人」でした。

ICCによると、「2014年、彼は市立公園当局を説得し、荒れ地をクリケットスタジアムとして開発する権利を付与し、2015年には友人クリス・ハード(Chris Hurd)と共にモンゴルのコオロギ種子アピール運動を開始しました」と述べています。 。

それ以来、学校プログラムが成長し、現在ウランバートル以外の6つの州でゲームが行われており、室内と屋外のトーナメントが一年中継続的に開催されていると付け加えました。

簡単なスコア:

日本は20オーバーのうち7で217(Sabaorish Ravichandran 69; Zoljavkhlan Shurentsetseg 3/32、Luvsanzundui Erdenebulgan 2/61)が8.2オーバーでモンゴルを12に勝った(Kazuma Kato-Stafford 5/7、 Taniyama Makoto 2 / 0)205回実行されます。

(これはシンジケートニュースフィードで編集されていない自動生成された記事です。最新の従業員がコンテンツ本文を編集または編集していない可能性があります。)

READ  インド系アメリカ人スターシガラ、日本と恋に落ちる
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours