スポーツ

スポーツ万能少年 “次の首相」本名カン官房長官の姿 – 社会:日刊スポーツ

秋ノ宮の中間時代軟式野球部に所属していたカーン官房長官(後列右)(ガラス長沙さん提供)

安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選挙で派閥が続々と支持を表明したことで一気に本命になった菅義ウェイ官房長官(71)が、今日2日の出馬表明する。

秋田県雄勝郡秋ノ宮町(現湯沢市)出身でスポーツ万能少年だった菅氏は、小学生の頃には、陸上競技、レスリングなどの大会で活躍。 中学校軟式野球部で俊足巧打の「1番ルーでプレーした。 小中高12年を一緒に過ごした幼なじみのガラス長沙氏(71 =元雄勝邑元湯沢市の)がカーン氏との思い出と知られていない様子を語った。

ガラスさんにカーン氏は、「子供の頃からずっと一緒にいた “親友である。 放課後空が暗くなるまで遊んで野球や相撲こま回しにつけた。 親交は今も続いて69歳までの地域邑、市議会議員を合計35年務めたから「政治の関係で様々な指導してくれた」といいアドバイザーでもあった。

肝臓少年は、地域・秋ノ宮では有名な運動神経の持ち主であった。 秋ノ宮所では、クラブ活動はないが、各学校の代表選手が集まる陸上ミニバースケール、ソフトボール、相撲地区大会郡大会で活躍した。 ガラス氏は「今の官房長官は想像できないかもしれないが、足が速くスポーツ万能だった」とミス。

野球に例えると官房長官の職務は、「エース」首相を支持する妻役の「キャッチャー」の開始位置とすることができますが、秋ノ宮の中では、年式野球部でルー所定の位置に「素早いトップ打者」でノッチ隊長としてダイナミックた。

湯沢高校では帰宅部だった。 通学家に近い陽子大麦駅までバスに乗って、電車に乗って湯沢駅までの合計50分。 また、学校まで徒歩30分順調にも片道1時間半ほど。 終電を逃す数時間かけて帰宅しサークルは泣きながらあきらめている。

スポーツも勉強も優れた「二刀流」でガラス氏は「特別マニアックな人ではなく、よく遊んで少し学ぶタイプ。勉強方法やコツが良くポイントをつかむ上手 “菅氏の父親和三郎氏は、イチゴ農家を営んでいたが、肝心の本人は「家業を継ぐのは私ではない。自分がしたいことは、他のにする必要があり上京したい」と、いつもの漏れ家出に近い形で上京して就職した後法の通りに行われた。

「菅義偉秋田ふるさと後援会」幹事長を務めているガラス氏は、「横浜市会議員衆議院議員、総務大臣官房長官を務めて、昔から首相就任を期待した人です」と言う。 昨年5月に新しい円弧「令和」発表時には「令和おじさん」で注目された。 “非常に人気が出てきたように思える。」次の首相」の声もある」と直球の質問に衝撃を加えると「なんだ。 あなたまでそんなことを考えていない」と否認した。このような菅氏が「ポスト安倍 “に出馬表明する。 ガラスさんは「秋田出身の首相はないので、官房長官が最初の首相になってくれればうれしい」と期待を寄せる。[야마다 愛斗]

READ  ウォンがゴール巨人最短6日にもマジック "44"点灯 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close