技術

スマートフォンで撮影したことを正確かつ迅速に切り取ってくれるAR鼻血アプリケーション「ClipDrop」 – GIGAZINE



スマートフォンで周辺にあるものを撮影すると、AI、自動的にカットAR技術で鼻血ができるアプリが「ClipDrop“です。ClipDropは、iOSとAndroid向けスマートフォンアプリとデスクトップアプリケーションが配布されており、一部の機能を無料で利用することができます。

Storeで提供されるClipDrop-ARコピー&ペースト
https://apps.apple.com/nz/app/clipdrop-ar-copy-paste/id1512594879

ClipDrop-ARコピーペースト-Pro-Google Playアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=app.arcopypaste

今回は、iOSのバージョンをインストールします。 App Storeページの「検索」をクリックします。


ClipDropがインストールされると、開始します。 カメラへのアクセスを要求されるので、「OK」を押します。


ClupDropログインが必要です。 任意のメールアドレスとパスワードの他にもApple ID GoogleアカウントFacebookアカウントと連携させてログインすることができます。 今回はApple IDと連携してログインする」Sign in with Apple」をタップしました。


ログインに成功すると、個人情報保護ポリシーに同意を求められます。 検査が最初からついているので、そのまま「Sign Up」をタップすればOK。


ClipDropは、スマートフォンのカメラで撮影したものをカットします。 「Next」をクリックします。


そして撮影したものをそのまま別の場所にARコンテンツとしてドロップすることができます。 「Next」をクリックします。


しかし、AR機能の活性化は、スマートフォンとコンピューターが同じLANに接続されていることが条件であるとのこと。


無料版は、スマートフォンのカメラを使用したトリミング撮影が10回までクラウドで保存30日まで追加支援機能も大幅に制限されています。 「Continue Free」をクリックします。


すぐ目についたフィギュアを撮影しようとします。 枠内にフィギュアを持って画面をタップすると……


次のように写真の中のフィギュアのみ切られました。


また、有料版とAR機能を使ったペーストも可能どんな感じに貼り付けることができているかは、以下の動画を見れば一気に知ることができます。

ClipDropベータ-YouTube

撮影した画像をコンピュータに処理するためには、ClipDropデスクトップアプリケーションをダウンロードする必要があります。公式サイトにアクセスして、「Download」をクリックすると、デスクトップアプリケーションをZIPファイルでダウンロード可能である。 また、ファイルのサイズは約125MBです。


ダウンロードしたZIP形式のファイルをExplzhと標準的なWindowsの圧縮機能などで圧縮して中に入っているClipDropInstaller.exeを起動すると、自動的にインストールが完了し、アプリが起動します。


起動すると、iOSのバージョンと同様に、「Sign in With Apple」を選択してログインします。


起動すると、こんな感じ。


上から2番目のアイコンをクリックすると、スマートフォン版で撮影した写真がアップロードされています。 写真をクリックすると、……


このように、背景が透過された画像で保存されています。 このイメージをそのままPhotoshopなどの画像編集プログラムを使用すると、合成画像とデザインに応用することができます。


また、ClipDropの有料版は、年間79.99ドル(約8400円)の加入式であるが、記事の作成時点では39.99ドル(約4200円)とほぼ半額カットされています。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  Xbox Series Sは、すぐに各種ゲーム機のエミュレータが動作可能 - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close