技術

スマートフォン時代なのに、なぜ堅調!? 市販カーナビが高騰で売られている理由は? | VAGUE | ブワグ

市販カーナビでも10インチという大画面モデルが人気

「スマートフォンがありナビゲーション本当に必要?」スマートフォン無料ナビゲーションを使用できるようになってからそのような質問を受ける場合が多くなった。

スマートフォンでは、「Googleマップ」や「Yahoo! ナビゲーション」などのナビゲーションアプリが誰でも無料で利用でき、オンラインで利用可能地図データは、常に最新の。 目的地を検索するときにも行きたい場所の施設の名前と住所を音声で入力すると良く、交通情報も反映される。 それを考慮すると、ナビゲーション不要論が出てくるのは、自然の流れでもあった。

2020年9月2日に発表されたパナソニックの最新のナビゲーション」ストラ/ F1Xプレミアム “

しかし、ナビゲーション企業は、今も最新機種を登場させて続けている。 2020年9月2日にもパナソニックは有機ELディスプレイを採用した最新のストゥラウル登場させただけで、噂は先駆者でも新型モデルを準備していると聞いた。

パナソニックが調査した資料によると、2020年は新型コロナの影響を受け、売上が落ちているが、2019年までには、むしろ少しずつ販売量が増加していたという。 さらに、市販カーナビだけ計算すればわずかに増加した。

ナビゲーションは、スマートフォンの影響を受けるどころか、むしろ販売量が増える状況にあったのだ。 それはどこに要因があるだろうか。

概ね言うことができるのは、ナビゲーションは、スマートフォンにはない使い勝手の良さと利便性があるということである。

言うまでもないナビ最大の役割は、目的地までの経路を案内してくれることにあることで、その目的を達成するために、スマートフォンよりもナビゲーション側優位性を向いている人が多いだろう。

また、AVコンテンツを楽しむことができる画面サイズが大きいものや、DVDなどを再生するディスクドライブがあることもナビゲーションを選択する理由がされているといっていいだろう。

他にもナビゲーションを選択する理由は、画面のサイズを上げる人が多い。 ナビゲーションは、少なくとも7インチが現在純正8インチ以上の常識となっている。

市販ナビでも10インチモデルが人気を呼んでいる時代になって、5-6インチしかないスマートフォンと比較すると、その大きさの違いは圧倒的である。 大画面ナビゲーションは存在感も大きく、ダッシュボードに装着した形で選択する人も少なくないという。

画面の大きさは、操作面でも大きな効果がある。 画面に表示されるソフトキーは、画面サイズにも依存し、当然の画面が小さいスマートフォンは、一つ一つが小さく表示されてしまう。

これにより、スイッチを押すといってもうまくいかない場合があり、これは結果的に安全にも影響を与えることができる。 画面サイズが大きいナビゲーションはここでも優位を発揮している。

READ  Kemco Summer Switch Saleは7つのRPGを最大50%まで削減します。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close