世界

スリランカとインド南部の大雨で少なくとも34人が死亡

スリランカでは最近数日間、20人が死亡し、ほとんど溺死し、5人が土砂崩れで怪我をしたと管理者が水曜日明らかにした。

「有病率を考えると コロナ19スリランカ災害管理センターのスーダンだラナシンヘ所長は「政府は政府が運営するセンターの負担を減らすために、1000世帯以上が親戚と共に引っ越すことを推奨した」と話した。

タミルナドゥでは、週末の間に大雨で深刻な洪水が発生し、少なくとも14人が死亡したと、州災害管理局が木曜日明らかにした。 管理者は以前、洪水で5人が死亡したと述べた。

州全域で1,300軒以上の住宅が被害を受けたと国土部が明らかにしました。 州主導のチェンナイとその周辺地域が停電を経験していると付け加えた。 100,000エーカー以上の農作物もこの地域で被害を受けたと部門は言いました。

インドの気象庁によると、ベンガル湾の低地がこの地域に移動するにつれて、タミルナドゥと近隣のアンドラプラデシュ州の南部海岸にさらに多くの雨が降ると予想される。

この部門は、タミル・ナドゥとアンドラ・プラデーシュ州のいくつかの地域に赤い警報を発令し、漁師に海に冒険を残さないように依頼しました。

タミルナドゥ州の管理者は、低地で何百人もの人々を避難させ、すでに雨で被害を受けた人々に配給と食料を分配しました。

MKスターリン州首相は、Twitterを通じてナレンドラ・モディ首相に国家災害救援基金(National Disaster Relief Fund)の資金を解除するよう要請し、以前に割り当てられた資金がすべて使い果たされたと明らかにした。

READ  シリア人に終わりが見えない10年の移住

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close