sport

スロベニアの2人に絞られたマイヨジョーヌの戦いポがチャールログリッチのタイツジョーヌウル奪うことができますか? – ツールドフランス2020の現地レポートbyあやの真| cyclowired

二週目を終えグランコロン非える頭決戦ツールの大きな分岐点となった。 ユンボ・ヴィイナズマの圧倒的なチームの能力、またポがチャールとログリッチスロベニア人遠投。 そしてベルナルが正しい謎のバックド。 マイヨジョーヌの戦いは、スロベニアの2人に圧縮された。

無観客とした仕上がりのポイントの周り。 まず、入っていたファンは、コースから離れた場所で観戦する photo:Makoto.AYANO
最後まで17.4kmの長さと平均傾斜8.9%、最大斜度22%激丘区間を含む初級山岳グランコロン雨にルー坂。 その名前が何度も​​ツールに登場する名前パスしながら接近方向としては初めて合う仕上がり。 海抜1,501mの頂上は、7月と変わらない真夏の暑さを経験した。

グランコロン非えるパススイッチバックを登るプロトングランコロン非えるパススイッチバックを登るプロトン 写真:ASO Alex Broadway
新型コロナウイルスcovid-19第2波到来心配が高まるフランス。 レース後半一帯を含めない地域は、感染拡大の「レッドゾーン」に指定されて頂上まで登る区間すべて無観客されて登山区間の道端には、前日から誰も入れず。 しかし、どのような方法に入った数十人だけのレース運営を助けたボランティアのみ見守る。 一般観客障壁も残してその場から排除されない条件であった。

エガンベルナルのステージ優勝を目指したねオス・ザクロ召し上がっだったエガンベルナルのステージ優勝を目指したねオス・ザクロ召し上がっだった 写真:-ASO Pauline Ballet
観客の声援一切ないグランコロン非える登山でタイツ・ジョーヌ保有ユンボ・ヴィイナズマが圧倒的なチーム力を見せた。 麓から峠の中腹まで驚異的な速度で引っ張る続けたすごいトファンアルトのペースはエガンベルナル(ねオス・ザクロ・ディアス)と年齢に・キンタナ(アルケア・事務ベーシック)を除いていた。 春までのレースで山の力に圧倒キンタナは、ツール前回覇者ベルナル、コロンビアの2以上が遅かった。

すごいトファンアルトがユンボ・ヴィスマートの先頭に立って牽引する集団は見間に数を減らしたすごいトファンアルトがユンボ・ヴィスマートの先頭に立って牽引する集団は見間に数を減らした 写真:-ASO Pauline Ballet
グランコロン雨にルー頭の痛み、後半エガンベルナル(ねオス・ザクロ・ディアス)をクリックピアところ臼杵とカストロビエホアシストするグランコロン雨にルー頭の痛み、後半エガンベルナル(ねオス・ザクロ・ディアス)をクリックピアところ臼杵とカストロビエホアシストする 写真:ASO Alex Broadway
「あるときスプリンターいるときヒルクライミング」全能の力を発揮するファンアルトの驚くべき牽引力。 ジョンブリュイネルー氏(ベルギー)は、オランダのメディアにファンアルトの力を「怪物のような万能な力は、まるでベルナールイノを連想させる」と述べた。

遅い年齢で・キンタナ(コロンビア、アメリカン管理・事務ベーシック)遅い年齢で・キンタナ(コロンビア、アメリカン管理・事務ベーシック) photo:Makoto.AYANO
先頭グループに追加ダメージを与えたトムデュムと登山力。 次郎2018敗者の強力な牽引は締め切り前に、残りの600mまで続いたが、意表をついて、高速アタックをかけてログリッチの動きは、ステージ優勝より、残りのライバルを引き離し時間差を稼ごうとするものだった。

グランコロン非えるパススイッチバックを登るプロトングランコロン非えるパススイッチバックを登るプロトン 写真:ASO Alex Broadway
そして、再びスロベニアの2人の遠投フィニッシュに。 経強力な攻撃でログリッチに先着したポケットがチャール。 ログリッチは余裕を残しつつ差が開かないように到着しており、ポールがチャールを運転しないようにも見えた。 許しはあくまでも着順とボーナス時間が。 ポケットコイルマットレスがチャールはとてもひどかったユンボ・ヴィスマート牽引に攻撃するのが賢明ではなく、最後のスプリントの機会を待つ必要があると言う。

デイ・ポケットがチャール(スロベニア、UAEのチーム首長国連邦)が根モシュログリッチスプリントで降りるデイ・ポケットがチャール(スロベニア、UAEのチーム首長国連邦)が根モシュログリッチスプリントで降りる photo:Makoto.AYANO
「ユンボ・ヴィスマート速度は、3つの峠の開始から実際に速く、それはレースを本当に難しくした。攻撃するつもりはなかったので、最後のスプリントを待っていた。また、勝ってうれしい」(ポがチャール)。

安定した強さを見せたログリッチとユンボ・ヴィスマの圧倒的なチーム力。 ただし、ログリッチポがチャールに勝利を奪われたものではない否定する。

ユンボ・ヴィスマートチームの能力の充実は驚くべきものがある。 このツール山岳アシストとしての使命を負っていたこの日、26歳の誕生日だったジョセップ・ボックス。 デュムランワボックスは、「通常の仕上げは二人で最後の読み取り(牽引)の役割を尽くそう」と合意し、その順序を決定した。 しかし、箱の順番は攻撃ログリッチを追って仕上げ400mで前分け入って20メートルほどかかっただけだ。 つまりユンボ・ヴィスマのアシスト力は人員が過剰いる。

強力なユンボ・ヴィスマートアシストチームに保つことされて走るマイヨジョーヌの根モシュログリッチ強力なユンボ・ヴィスマートアシストチームに保つことされて走るマイヨジョーヌの根モシュログリッチ 写真:-ASO Pauline Ballet
「今日、私たちは、他の動きができたかもしれない。ポールがチャール攻撃を警戒もあった。私はトムの後ろにつけておくとそうだった。その後、ログリッチはさらに加速することができた」と舞台の勝利を逃した悔しさをいう。 「しかし、チームには良い一日だった」

ステージを走行終えすごいトファンアルト(ユンボ・ヴィスマ)ステージを走行終えすごいトファンアルト(ユンボ・ヴィスマ) photo:Makoto.AYANO大きく遅れ失望の年齢で・キンタナ(コロンビア、アメリカン管理・事務ベーシック)大きく遅れ失望の年齢で・キンタナ(コロンビア、アメリカン管理・事務ベーシック) photo:Makoto.AYANO

2勝目を上げたポールがチャール言う。 “誰もがねオスの攻撃があると思った。ログリッチの力はブレーキが効かない感じくらい。しかし、今日はベルナルが崩れた。いつか私崩れる日があるかもしれないログリッチにも起こるかもしれない。特にツールドフランスでいつでも誰にでもそんなことは起こることがあるの。」

今回の大会2勝目を取ったデイ・ポケットがチャール(スロベニア、UAEのチーム首長国連邦)今回の大会2勝目を取ったデイ・ポケットがチャール(スロベニア、UAEのチーム首長国連邦) photo:Makoto.AYANO
7分20秒の遅延という大きな遅延を受けたベルナル。 レース後コメントは体調不良の原因ヒントになる言葉は見つかりません。 前日のステージでも本能的に攻撃するなど、レースを楽しむ動きさえ見せていた。 しかし、この日の7分20秒の遅延は、単純な病気というにはあまりにも崩れ。 いくつかの疾患でもされてはいないタイム差である。

2年連続総合優勝の夢が崩れエガンベルナル(ねオス・ザクロ・ディアス)2年連続総合優勝の夢が崩れエガンベルナル(ねオス・ザクロ・ディアス) photo:Makoto.AYANO
いずれにせよ、最近8年間7回ツール・ド・フランスの優勝を遂げたチームスカイ=ねオス火沈艦代沈没した。 7年連続受けてきた栄光は、次の週末にシャンジェリー歳からもはや再現されない。

ねオスは、元の助けが最後の山まで人員を残すことができなかった。 グランコロン非える頭ベルナルルルサポートすることができたのは、ミハウクロぴあところスキーとジョナサン・カストロ古い2人だけだ。 上がることができるはずリーチャール・カラパスウン? アンドレイアマドールは? ディランファンベールは? そしてベルナルに匹敵する才能と言うパヴェルシブワ甲府も徐々に消えた。

大きく崩れたねオス・ザクロ召し上がっ。 アシスト進歩表情が冴えない大きく崩れたねオス・ザクロ召し上がっ。 アシスト進歩表情が冴えない photo:Makoto.AYANO
「バックドデシル」と表現するのは簡単ですが、ベルナルに何が起こったのだろうか。 covid-19によるレース中断のベルナルロックアウト期間を母国コロンビアの故郷シパキラ市で過ごした、これまでの教育内容は謎である。時の特別措置を受けたが、「主に家で過ごし、屋外を乗ったのは、少しの距離」という説もあるが、「Stravaによると、ベルナルロック期間中に最も距離を乗っていたプロ選手だ」という指摘もある。しかし、本人のものと見られるStravaアカウント “Egan Bernal」は3月第2週から5月第2週までには何も走行ログの表示がなく、5月から7月末まで、コロンビア国内を走ったログはあるが、欧州でのレースが再開された8月1日からのログはありません。 ロックアウト期間とレース中のログがプライベートになっているのか、それとも他の隠されたアカウントがあることを知ることができない。

しかし、その真偽がどうであれ、ロックを経てレース再開後ベルナルレースの結果を見る限り、ベルナル確かコンディションが良かった。 フランスのラルート土岐市谷(8月1日〜4日)は、山岳ステージで勝利総合優勝、今日のような地域でツールドラン(8月7日〜9日)で総合2位。 栗テリーニウム・皇太子妃(8月12〜16日)は、腰痛で、もしにおける最終段階の引退を選んだが、それは確かベルナルは好調であった。

7分20秒遅れ終えたエガンベルナル(コロンビア、ねオス・ザクロ・ディアス)7分20秒遅れ終えたエガンベルナル(コロンビア、ねオス・ザクロ・ディアス) photo:Kei Tsuji
総合成績を放棄した今だねオス・ザクロ・ディアスは、今後の舞台目的に回すされる。 クピア所のスキーは、「可能性が私たちを前進させる。(倒すことができる)保証がそうするわけではない。勝者であり続け人生はありえない。それがスポーツの美しさです。私たちは必ず戻ってくる」とレース後【ツー】。

ベルナルは苦しみに歪んだ表情の自分の写真に「Vive le Tour(ツール万歳)!と一言コメントと一緒にツィート。グンジョンジョクルル失われていないようだ。

根モシュログリッチスプリントで下したデイ・ポケットがチャール(スロベニア、UAEのチーム首長国連邦)根モシュログリッチスプリントで下したデイ・ポケットがチャール(スロベニア、UAEのチーム首長国連邦) photo:Makoto.AYANO
スロベニアの2人に絞られたマイヨジョーヌの戦い。 今後の関心は、「ポがチャールログリッチでマヨジョーヌウル奪うだろうか?」である。 ポケットコイルマットレスがチャールはインタビューでマイヨジョー蚕関心を隠さず、ログリッチポがチャルー自分のマイヨジョーヌウル脅かす攻撃をしていない友人関係を維持して敵視していないように見える。 ユンボ・ヴィイナズマはポがチャジェルを警戒しながらも、二人の関係を認めているように見える。

そしてポールがチャールは2位の座を失う危険を冒してまで攻撃しなかった。 アシストしてくれる仲間がない単騎の闘争先輩の統合を脅かす攻撃をしていないことを条件に、「スロベニアの同盟」関係が維持されているようだ。今のユンボ・ヴィイナズマはポがチャジェルをふるい落とす総力攻撃も可能である。

スロベニア応援来たファンに手を挙げて挨拶する根モシュログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)スロベニア応援来たファンに手を挙げて挨拶する根モシュログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ) photo:Makoto.AYANO
ログリッチとの優劣はないが、ポがチャルイツールで最も上がる登山であることを明らかに。 山の難易度がより高いリラクゼーション日未明ツールの第3週には、山の=機会の機会が多い。 ポールがチャルイ二時間差である44秒を減らす機会は今後の4段階にある。

第16のステップと18のステップでは難しいですが、通常の仕上げがないので車は難しい。 最大のチャンスは水曜日第17ステージ海抜2,304mのメリベル=とローズ頭である。 アンリデグーランジュ像された距離21.5km・平均7.8%、最大24%という最高の登板試合は、最初に時間差を減らす最大のチャンス。

そして文字通り最後のチャンスが第20ステージの標高1,035mの高原とプランシュドベルフィーユを突き進む個人タイムトライアルである。 ラスト5.9kmの近隣のみ。 そして仕上げ400m前20%を超える激頭が待っている。 この舞台が最後のチャンス、このツールの最大の峠になるだろう。

ログリッチとポールがチャールは両方の個人TTが得意。 そして登山TTをポケットがチャルーより誇りにはスロベニアのナショナル選手権個人TT証明している。 ポールがチャールログリッチを下したのは、6月。 ツール・ド・フランスの2020のコースは、2人の格闘の結果を最終日の前日までに待つようなコースプロフィールである。

ポールがチャールツールにすでに第20ステージのTTコースを試乗している。 「走って見て、このTTコースに挑戦することが本当に楽しみました。ツールを3週間走った最後に走るのは、別のものになるだろうが、そのプロセスを好む。(コースの中間の)自転車交換の機会もあります。本当に楽しい待つよ」(ポがチャール)。

絶好のログリッチトーンを落とす瞬間を待つしかないように見えるレースでポールがチャール秒差を奪っていく機会をうかがう。 そして、ログリッチは2019ジロ・デ・イタリアで馬小屋で学んだ体力を消耗していレースに徹底している。 今日ベルナルようなバックドが来ないことを願います。

パリでの表彰台候補1-2スロベニアの2人。 連続3位争いはまだ終わりが見えない。

総合3位のたてベルトウラン(EFプロサイクリング)、4位のミゲル・アンヘル・ロペス(アスタナ)コロンビア2人、5位アダム・イエーツ(英国、ミッチェルトンスコット)、6位のリッチポート(オーストラリア、トレック歳フレームも)。 この4人が3位を争うポディウム候補であるか

リッチポート(オーストラリア、トレック歳フレ)から開始して、残りの200mリッチポート(オーストラリア、トレック歳フレ)から開始して、残りの200m photo:Kei Tsuji
グランコロン非える通常の仕上げに向けて経験したウランとロペスの攻撃したAイェーツは、舞台を狙って攻撃したポート「上昇」が興味深い。

すでに2018年のツールで表彰台2位の経験があるウランは、登山に強く、TTも得意。 Aイェーツはマイヨジョーヌウル失った後、今後の舞台を目的に切り替えとしておいて、安定した走りで総合順位を落とさない。 「日々の状態が良くなっている。仕上げまで待ちたくはなかった」と言うAイェーツ。

9位仕上げたてベルトウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)が総合3位を9位仕上げたてベルトウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)が総合3位を photo:Makoto.AYANO攻撃したアダム・イエーツ(英国、ミッチェルトンスコット)は8位に終わっ攻撃したアダム・イエーツ(英国、ミッチェルトンスコット)は8位に終わっ photo:Makoto.AYANO

ツールは、落差による退職ウール年が続いたポートは、「今(年齢的にも)チームのエースで走るのは最後のもの」と言って、これはスタートレックのユニフォーム走る最後の年。 落差に浮上したバウケ・明後日マルコなくなり、たまたまシングルエースになった今、圧力に負け形質べきであるという期待が膨らむ。

text&photo:Yenne、フランスのMakoto AYANO

READ  ドラギトチとバトラー、2人の指導者が牽引したヒットが17点のビハインドゥウル覆しセルティックスに2連勝 - バスケットカウント| Basket Count

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close