スポーツ

セス・カリーにダニー・グリーンとシューターを収集セブンティー式サスチーム変革の次なる手 – バスケットカウント| Basket Count

内部の電力をまとめて、ベン・シモンズ自分のスタイルで

多くのトレードが発生した今年のNBAドラフト。 その中でも、目に見える動きの一つが時草ズの「政策転換」でした。ダニーグリーンをサンダーでアクセスカレーを船尾から獲得し、21位ケンタッキー大学のシューティングガードであるタイロンマックスを指名。一気に犯人を増やしています。

市草津ズ昨シーズン3ポイントああテンコンセプトの数が22位あまりシューターを活用してこなかったチームです。 それだけ新た前面に参加した全ロケットダリル森の影響が強い補強も見えます。 同様にシュートがよく得点力のあるジャック・ラヴィーンを獲得する噂もあったが、ここまでの動きは、スター選手を集めるのではなく、エースパスで仕上げすることができる選手を伸ばしており、ベン・シモンズとジョエル・エンビも周りを固める選手を検討してポリシーを読み取ることができます。

放出された主力はリーグ最高のペリメーターのDFジョシュ・リチャードソンと内部の万能選手であるアル号フォードディフェンスとビッグマンで勝負した昨シーズンとの違いが明確に記載されています。 言葉残っていた内部の電力を設定することができたのは肯定的であるが、このように政策が大きく揺れること否定的な意味で時クサズ感に溢れています。 また、前述の組み直すとなります。

昨シーズンリバウンド獲得率がバックスに続いてリーグ2位を高く硬い試合運営を好きだった。 号フォードがなくなり、経費が増えるため、よりシモンズがリバウンドに参加することが望ましいそこから切り替えに転換する形態も増えるだろう。 シモンズは速い展開でさらに真価を発揮するタイプで、肯定的な変化と言えるでしょう。 一方で切り替えゲームが増えるのはエンビもは苦しくなる一面もあります。

ドラフト前のセンターを中心に展開するデビッドイェゴウルコーチ以外のためにエンビ度が中心となり、シュート力のないシモンズは少し難しい動きでした。 これに対して、今回のドラフトとトレードシモンズがプレイしやすくなる動きでした。

二エースの特徴に応じた変化があったの面でバランスよく電力を集めたい意向がくみ取れているが、まだオフシーズンは始まったばかり。 二エースを含むまた変化を求めたような気配もあります。 シモンズとエンビも中心にするのか、それとも新たな大物の獲得に動くのか。 新しい形を要求することはかなりの機会が来れば、ためらうことなく、チームを変革していきます。

READ  優勝まで一歩届かず、高校3年間の幕を下ろした動産の米須鈴音「最後までバスケットボールをすることができたことに感謝しています」 - バスケットカウント| Basket Count

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close