スポーツ

セバスチャン・ベッテル、フェラーリF2004の購入を検討しても、「高額すぎる」/ F1ニュース[F1-Gate.com]

セバスチャン・ベッテルはフェラーリF2004の購入を検討したが、「高額すぎる」断念したと発表した。

ミハエルシューマッハは、フェラーリF2004 7回目を迎える最後のF1ドライバーのタイトルを獲得した。 シューマッハは13勝のチームメイトルーベンス・バリチェロは2勝を、F2004は合計18戦中15勝を跳ね馬史上最強のマシンの一つとして広く認められている。

F1トスカーナGPの決勝戦では、フェラーリの1000番目グランプリを祝うミハエル・シューマッハの息子ミックシューマッハがフェラーリF2004に無題のサーキットを走行した。

ミックシューマッハは昨年ホッケンハイムで開催されたF1ドイツGPミーティングで同じシステムを駆動します。 2017年F1ベルギーのGPは、1994年にベネトンB194でデモ走行をしている。

ミック・シューマッハのデモ走行前にフェラーリF2004をじっくり見ていたセバスチャン・ベッテルは、元のレッドブルレーシングチームの仲間であるマーク・ウェバーとのインタビューで、F2004への関心について語った。

「これは私の好きなシステム」とセバスチャン・ベッテルは言った。

「私たちのシステムを見ると、現在の種の機械は非常に大きくなっている」

「当然、ダウンフォースは私たちのマシンがはるかに多いが、この機械は、種のより160〜170kg軽いので、大きな違いがある。 “

マーク・ウェバーのその世代のF1カーを所有しているかどうかと質問したセバスチャン・ベッテルは、実際にフェラーリF2004の購入を検討していたが、高額すぎる断念したと述べた。

「その車が、全く同じではない、その年が販売に出ていたが、あまりにも高価すぎるした」とセバスチャン・ベッテルは言った。

「信じられないほどのマシンである “

マーク・ウェバーは、「一度、トルコでマイケル弾が機械にヒットしたことがあるが、彼は私にはあまり満足していなかった」と述べた。

「しかし、その機械を見ると、とにかく純粋な性能を考えている、もちろんマイケルは何よりも優れていた。優れた時代だった」

2004年7才セバスチャン・ベッテルの現在のチームメイトであるシャルルルクレールも自分のレース準備まで機械をじっくり時間をかけて観察した。

「クレイジーであり、非常に素敵に見える」とシャルルルクレールは言った。

「しかし、現在、私たちのシステムに比べて、ほとんどが素晴らしいサウンドである “

「フェラーリの歴史の一部であり、フェラーリの歴史の中で非常に特別な部分である。綺麗だね」

「2003年のマシンを1回運転する機会があったが、2004年に機械運転したことがない。今後そのうち1台を運転する機会があることを希望している」

セバスチャン・ベッテルは、最近ナイジェルマンセルが1992年に優勝した “とウィリアムズFW14B」を購入。 ベッテルが伝説のマシンにどのくらいの支払いかは明らかにされなかったが、2019年ボー木ズオークションでは、ナイジェル・マンセルのFW14Bのもう1台(合計6第しか存在しない)が300万ユーロ(3億7750万ウォン)で販売されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ

READ  タイヤ幅の差で先着順従事スプリントでデマルイサガンとバトレリニウル行う - ジロ・デ・イタリア2020第4のステップ| cyclowired

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close