スポーツ

セバスチャン・ベッテル「アウタートラックは短すぎます “/フェラーリF1社ヒールGP金曜日フリー走行【F1-Gate.com】

フェラーリはF1のセバスチャン・ベッテルは、バーレーン・インターナショナル・サーキットの「アウタートラック」が好きておらず、「短すぎる」とぼやいた。

バーレーン2週目のレースはF1社ヒールGPと命名されて、バーレーン・インターナショナル・サーキットの外周側の短い高速 “アウタートラック」レイアウトが最初に使用されている。

しかし、セバスチャン・ベッテルは、単に「短すぎる」と不満だ。 ジョージ・ラッセルのFP2のトップタイムは54秒713だった。 セバスチャン・ベッテルは、1.117秒遅れの16番目にセッションを終えた。

“あまりにも短い。正直に言うと、短すぎます。少し奇妙」とセバスチャン・ベッテルは、 スカイF1 と述べた。

「開始しようとしていると終わってしまう。そんな感じだ」

「私たちは、複雑なセッションを送った。最初のセッションは、問題がなかった。2回目のセッションは激しかった。コンピュータで様々な試みた。あまりにも攻撃的であり、おそらく、私たちが望んでいたことも、必要なものもなかったようだ」

「私たちはそれに満足しており、よく考えた。しかし、間違ったと思う」

「でも、明日はすべて正し軌道に戻ってくることを願っている」

アウタートラックの挑戦は、一連のスイープベンドを伴うミドル分野であるが、そこにはグランプリサーキットと他の唯一の部分であるため、セバスチャン・ベッテルは、ドライバが学ぶことはあまりないと言う。

「かなり厳しいです。ターン4は、先週とほぼ同じである。開いているので、少し早くよターン7と8の周囲は非常にでこぼこである。カーブは非常に攻撃的で、その部分をよく決定することは、とにかく難しい」とセバスチャン・ベッテルは、コメント。

「夜は私達にとって、すべてのコーナーが非常に困難でした。厳しいラップが、さっきも言ったように、残りの部分は、今では非常によく知っているので、実際には新しいトラックではなく、いくつかのコーナーが新しいだけだ」

最近のほとんどのサーキットでは予選のトラフィックが問題となっている。 セバスチャン・ベッテルは、F1社ヒールGP予選が大きな問題なく進行できるように努力して言う。

「中央のセクションだけでなく、全体のトラックが短い同じ数のマシンが存在するため、Q1は非常にタイトになるだろう」とセバスチャン・ベッテルは言う。

「他の不必要なものは素晴らしいラップでタイヤの温度を下げるために、本当にゆっくり走らなければなら薔薇のないことである。おそらくそれは、最悪の要因である “

“一つは、トラフィックは、他の一つは、あのように大きな速度デルタがあるので混乱するだろう。何も起こらないことを願っている。私たちはすべてが通過することができませんが、妨害されたり、トラフィックの問題が刺さることなく通過することができるものと期待している”

フリー走行第二は、仲間のシャルルルクレール機械が「故障」してセバスチャン・ベッテルの一つだけでプログラムをこなさなければならなかった。 これによりフェラーリが、実際に序列の中でどのような位置にいるかどうかを判断するのは難しい。

「今日は、複雑なセッションだったので言うのは難しいが、シャルルガ左右されなかったため、反対側でも答えを得ることができなかった」とセバスチャン・ベッテルは言う。

「Q1は問題ないだろう、Q2も通過してQ3が可能であると考えている。先週よりも少し良いかもしれない。しかし、非常にわずかな差でなる」

「短いラップである。コンピュータ同士の間隔はない。今年は中盤がはるかにタイトだったが、よりタイトになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / F1バーレーンGP

READ  Trueshanは木曜日にChesterリターンを必要とすると予想されます。 レーシングニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close