セブンティーン、日本ゴールドディスク大賞6部門受賞

Estimated read time 1 min read

ボーイズグループセブンティーン [PLEDIS ENTERTAINMENT]

ボーイズグループセブンティーン 第38回日本ゴールドディスク大賞で今年日本音楽授賞式が認めたKポップ歌手の中で最も高い6賞を受賞した。

日本レコード産業協会は水曜日に今年の受賞者を発表しました。

セブンティーンが初めて今年ベストアジアアーティスト賞を受賞した。

10回目のEP 'FML'(2023)でアジア地域今年のアルバム賞を受賞したのに続き、11回目のEP 'Seventeenth Heaven'(2023)で'FML'でアジア地域ベスト3アルバム部門をさらった。 )と日本最大のヒット作コンピレーションアルバム「Always Yours」(2023)。

バンドは「セブンティーンワールドツアー「Be the Sun」Japan」コンサート映像でアジア部門今年のミュージックビデオ賞も受賞した。

バンドメンバーらは水曜日の報道資料で「賞を受けることになってとても栄光だ」と話した。 「すべてのおかげです。 [our fans] カラットと私たちの音楽を愛してくださるすべての方々。 より良い音楽に戻ることができるように最善を尽くす」と伝えた。

ガールズグループルセラフィムは今年のアジアニューアーティスト賞を受賞し、ニュージンス、リジェと共にアジア部門ベスト3ニューアーティスト賞を受賞した。 ニュージンスは「OMG」(2023)でアジア部門ストリーミング部門今年の歌賞も受賞した。

ストレイキッズは「Social Path(feat. LiSA)/スーパーボール」(2023)日本語版でベスト5シングルに選ばれた。

防弾少年団ジョングクは「セブン(feat.ラト)」(2023)でアジア部門ダウンロード賞を受賞した。

セブンティーンの詳細については、次のサイトをご覧ください。 セレブ確定!

キム・ジュヨン記者 [[email protected]]

READ  UC Irvine図書館は、東アジアのコレクションでは、I-ChingのAstro Boyまでデータを強調します。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours