トップニュース

セブン – イレブン・ジャパン、外国人労働者支援の強化



2019年5月21日撮影されたこのファイルの写真は、東京の店舗でセブンイレブンチェーンのロゴを表示します。 (教徒)

東京(教徒) – セブン – イレブン・ジャパン(株)が日本の高齢化による労働力不足の中で、外国人労働者を維持するための努力の一環として、コンビニエンスストアでの外国人労働者の私生活と仕事の生活を支援するプログラムを開始すると発表した。 。

外国人3万7000人を雇用しているコンビニエンスストア運営者は、クレジットカード、賃貸住宅などのサービス申し込みの際、労働者の信頼性を高めるために国籍、学歴、職業履歴などの情報を収集するデータベースを構築する計画である。 会社は言った。

主に学生の外国人労働者のためのプログラムは、彼らが日本に定着して、長期的に働くように奨励することを目的とすると付け加えた。

セブン – イレブン店頭全体の従業員の約9.5%を占める外国人労働者が店の運営に不可欠な要素となった。

このプログラムは、日本人と外国人が調和生きる社会を実現するために、昨年、会社が設立された組織であるSeven Global Linkageが主導しています。

セブンイレブンの親会社セブン・アンド・アイ・ホールディングス、セブン銀行など5つの企業が取り組みに参加した。 ここでは、オンラインビザ申請サービスプロバイダと外国人のための賃貸住宅保証人が含まれる。

また、流通、情報技術の分野で必要な技術を含む外国人労働者が技術を習得することができる教育課程を導入する予定です。

READ  日本のサントリーの最高経営責任者(CEO)は、ファンレス東京オリンピックによる経済的損失は、「巨大なレベル」になると述べた。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close