スポーツ

セリーナ・ウィリアムズ、全豪オープン準々決勝進出:Sportsnaut

2020年9月28日; フランスのパリ; Serena Williams(米国)は、Stade Roland Garrosで開かれた2020 French Open 2日目Kristie Ahn(米国)との試合中です。 必須のクレジット:Susan Mullane-USA TODAY Sports

Serena Williamsは日曜日にしゃっくりを克服して記録的な24のグランドスラムタイトルを追求し続けています。

ウィリアムズは、メルボルンでベラルーシの7番シードアリーナ社バレンカー相手に6-4、2-6、6-4の勝利を収めた後、全豪オープンベスト8に復帰しました。

10番目シードウィリアムズは9つのエースを含む30人の勝者を記録して22歳の社バレンシアカー2時間09分後に派遣しました。

「私はトーナメントから出たくなかったので、明らかに非常に重要でした。だから、最終的には、それを耐えることが気分が良かったです。」とWilliamsは言いました。

39歳のウィリアムズはマーガレットコートの24番のグランドスラムチャンピオンシップの記録を追っており、8回目のオーストラリアオープンのタイトルを追求しています。 彼女は、ポーランドの全仏オープンチャンピオンのIga Swiatekを3-6、6-1、6-4で勝つために1時間50分を必要とするNo. 2 Simona Halepのクエストを続けることです。

“私は(Swiatek)がよくある感じ、彼女はセットの開始よりも集中しています。」とハルレプは言いました。 「彼女は試合中の人生をより困難にするスコアを放棄しなかったが、私も同じことをしたし、最終的に私は少し強くすることができてうれしい」

また、日曜日にも、日本の3シードシードナオミ大阪は2回のグランドスラム優勝、スペインのギャビン無グル者4-6、7-4、7-5の勝利を収め、3年ぶりに第二の全豪オープンタイトルを追求しました。

大阪は14番シード無グルタミン相手に40人の勝者を選んで18連勝を記録した。

「遅い速度でボールを打つことができないようでした。 そうでなければ、彼女はすぐに私を動かすことです。 だから、私は快適でないエリアで走っていたので、強制的に多くのミスを犯したと思います。」大阪は言った。

「しかし、それはまた、あなたがグランドスラムチャンピオンと競争するとき得られるものと思います。 私は私が本当に強く押されたようで、私は最高だと思っているところです。」

大阪は2019年全仏オープン決勝進出者チェコのマルタボンドでそばを相手に6-4、6-2の勝利を収めた台湾できウェイシェと合わせつきました。 35歳のHsiehは19番目シードVondrousovaを派遣するために68分を必要としました。

「我々は、すべて彼女は非常に良い選手であることを知っています。」とHsiehは大阪との競争について語った。 「彼女を演じる人は誰でも問題を経ることです。 … 私は私のゲームをして、私の仕事をして(そして)何が起こるか見ます。」

フィリップ島トロフィー

オーストラリアOlivia Gadeckiは2ラウンドの試合でメルボルンフィリップ島トロフィーで最高シードソフィア抜け忍を2-6、7-6(4)、6-4で勝った。

抜け忍が18歳のがデキに敗れは全豪オープンエストニアカイああカネ被に6-3、6-2の決定を下し、4日ぶりに二番目だった。

カナダRebecca Marinoは、ド​​イツのMona Barthelを6-4、6-3で勝ったVarvara Lepchenjoは、日本のNao Hibino(引退)を1ラウンドの試合で6-3、3-0で勝った。

– フィールド・レベルのメディア

READ  バルセロナvsレアル・マドリードのレギュラー発表! 今季初エルクラシコ| Goal.com

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close