トップニュース

セルティックの日本株式上昇

現代のゲームでは、すべてのサッカークラブは賢いマーケティング、小売、商業部門を必要とします。 良いか嫌いでも、このスポーツは21世紀の大きなビジネスです。 その事実はヨーロッパのエリートの後ろに最も裕福なリーグの外にあるクラブを残しました。 したがって、素晴らしいテレビ取引、超大規模なスポンサー、嘔吐を引き起こす賞金なしで、Celticなどのクラブはギャップを埋める代替手段を見つける必要があります。 選手取引モデル、幼少年への投資、他のクラブとのパートナーシップが戦略の一部を形成しました。 しかし、日本スター4人の署名は興味深い市場への再進入のための道を開くことができる。

2005年、世界的なスター中村俊介(Shunsuke Nakamura)がパラダイスに到着すると、セルティックの世界的なファン層は日本に拡大しました。 東京セルティックサポーターズクラブはすでに2001年に設立されたが、2009年までにマーケティング会社、 スポーツレボリューション、Hoopsを支持した日本の大人が700万人を超えると推定されます。 シャツの販売はその間に天文学的な収益を与えなければならず、 ジャパンタイムズ スポーツジャーナリストDan Orlowitz、Celticは現在、国内でも同様のレベルの人気を享受しています。

サッカー:リオネル・メッシ バルセロナのリオネル・メッシLが2008年2月20日、スコットランド・グラスゴーで開かれた欧州チャンピオンズリーグ第16回戦後半戦、セルティックの中村俊介に挑戦している。

中村はもはやクールなフリーキックでGlasgowのファンを魅了しませんでしたが、Kyogo Furuhashiが夏にCelticと契約した後、クラブの日本のTwitterアカウントはほぼ37,000人のフォロワーに達しました。 この統計は、Hoopsを日本のトップ10のヨーロッパクラブの1つにし、Orlowitzが言いました。 スカイスポーツニュース その国では、クラブのフォロワーはますます大きくなるでしょう。

今日、Celticのトリプルサインの影響についてチャンネルと話して、Orlowitzは今後のカタールワールドカップに注目しました。 彼はクラブの日本選手の「2~3人」がトーナメントで国家代表として出場する可能性があり、彼らそれぞれはParkheadの1群で重要な役割を果たすと予想されると述べた。

既にキョーゴ、マエダ、イデグチが複数のキャップを獲得し、ハテは幼少年レベルで日本を代表している。 4人組はアジアで成功を収めた人気のある個人です。 今、彼らがスコットランドでチームを組んでいる間、Celticはスタジアムの内外で報酬を得ることができます。

READ  JLL、日本にKen Sakuramoto、インド導くRadha Dhir追加

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close