セルティック・デュオ・京郷とハッタテ・レオ、日本代表チーム招集

1 min read

ケルト・デュオは、カタールワールドカップのためのモリヤスハジメのスクワッドから除外され、最近のキャンプでも無視されました。

教고とハッタテは今、東京でエルサルバドルと来月、スイーターでペルーと一緒にキリンカップダブルヘッダーに参加するようになります。

ワールドカップスクワッドを構成した大前前田も試合に招集されました。

森津は今週の34試合で25ゴールを決めた後、スコットランドプレミアシップ今年の選手賞を受賞したKyogoを無視したことについて広く批判されています。

そして、彼はケルトが別のタイトルをささやき、トレブルを完了するために一歩近づいた。

Kyogoのコールアップは昨年9月以来初めてワールドカップを控えて親善試合を行ったし、トーナメントに欠場して唐然とした。 彼は国家代表で16試合に出場し、3つの国際ゴールを記録した。

Hateteは昨年のエクアドルとの試合でもスクワッドに含まれていましたが、一度だけ参加できます。

ケルト同僚の磐田稲田氏は彼の国家代表で4試合を行ったが、前田は日本代表チームで確固たる席を占めており、トーナメントでクロアチアを相手に祖国で2度目に出場したワールドカップで得点を記録した。

モリヤスは最近、欧州真相調査団としてスコットランドを訪問しなかったが、教고の最近の姿を賞賛した。

彼は「教えがしたことは素晴らしいと思う。彼は今シーズンに多くのゴールを決めた」と述べた。

READ  日本のドラフトガイドラインは、学校で生成されたAIの使用を制限することを要求します。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours