ソウル市、ネイバーラインアプリに日本「差別禁止」を促す

Estimated read time 1 min read

韓国外交部は、技術大手ネイバーが日本最高のメッセージングアプリの持分を売却するという圧力を受けているという報道が出た後、月曜日、AFPに日本政府が韓国企業を差別しないよう促したと述べた。

韓国のネイバーは13年前にLineを開発しており、現在9,500万人以上のユーザーを保有しています。 台湾や東南アジアでも人気があります。

このアプリは、ネイバーと日本投資会社ソフトバンクの合弁会社であるAホールディングスが大株主を保有するLYコーポレーションが日本で運営している。

先週、日本の報道によると、東京はLY Corpにネイバーとの関係の見直しを要求した。

外交部は月曜日AFPに送った声明で「私たちは韓国企業に対する差別的措置があってはならないという確固たる立場を維持する」と明らかにした。

広告 – 続行するにはスクロールしてください。

韓国政府は「必要ならば」ネイバーとこの問題を議論する計画だとAFPに語った。

ラインは昨年50万件を超える記録に関連するデータ流出事件で日本で調査を受け、日本通信部が行政指針を発表することになった。

日本の日経によると、ラインが「システムとネットワーク構成の面でネイバーへの強い依存度」が流出原因の一つだったと基盤部は明らかにした。

広告 – 続行するにはスクロールしてください。

続いて「こうした関係により、貴社はネイバーに適切な安全措置を要求し、適切な経営を施行することが難しくなった」と話した。

韓国の最大の技術企業の1つであるネイバーの多数のサービス(Googleと同様の地図、Apple Payと同様の金融サービス、人気ブログ、チャットフォーラムを含む)は、多くの韓国人が毎日使用しています。

キム・デジョン世宗大経営学科教授は北朝鮮の軍事的脅威に対抗して日本との関係改善のために努力してきたユン・ソクヨル韓国大統領には今回の状況が「ミスマッチ」と話した。

広告 – 続行するにはスクロールしてください。

「グローバル基準によれば、国家は企業に自らの持分を放棄するよう要求しない。私たちがFacebookにプライバシー問題を理由に持分を売るよう要求しないように、日本もそのような基準に従わなければなりません。」

しかし、これは国家安全保障に関連しないため、韓国政府はこの取引を防ぐことができる立場ではないと彼は言った。

ネイバーはこの問題についてコメントを拒否した。

kjk/ceb/ダン

READ  日本、台湾危機、正式な関係の欠如による安全保障失敗のリスク
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours