エンターテインメント

ソニー、日本チップ工場でTSMCパートナーシップを確認

東京 – ソニーグループは、木曜日に日本の西部熊本県にチップ工場を建設するために台湾の半導体製造と協力する計画を検討していると確認した。

確認は、ソニーの上半期のパフォーマンスを発表する記者会見で行われました。 Hiroki Totoki社最高財務責任者(CFO)は「半導体の安定的な調達はチップ危機の状況で重要な問題であり、TSMCの工場が解決策になる可能性がある」と述べた。

彼はまた、ソニーはこの問題についてTSMCと日本の経済産業省と議論し続け、同社は日本でチップ工場の運用に関する知識をTSMCと共有するかどうかを検討していると述べた。 SonyとTSMCはまた、会社がパートナーシップを深める方法について議論しているとTotokiは言います。

今月初め、世界最大の受託チップメーカーであるTSMCは、日本初のチップ工場建設を準備していると発表しました。 工事は来年に始まり、2024年から生産に入る予定だ。

この動きは、COVID-19が世界的にデジタルイノベーションを加速し、より多くのチップの需要をリードして以来のものです。 日本政府はこのプロジェクトの支援を表明し、長年のサポートパッケージを提供する予定です。 TSMCのチップ工場を土地に持ち込むことも、経済と国家安全保障の観点から日本の目標でした。

プロジェクト費用は約1兆円(88億ドル)と推定されます。 Nikkeiは以前、ソニーが工場に共同投資すると報告しました。

ソニーはTSMCの最大の日本の顧客です。 新工場は、スマートフォンに使用されるイメージセンサー用半導体の安定的な調達を目指すソニー所有のチップ工場近くの土地である熊本に位置することになります。

Sonyは、スマートフォンに使用されるイメージセンサーの世界市場の約50%を支配しています。 また、CMOSイメージセンサ技術を活用して事業領域を広げるために努力しており、電気自動車、スマートシティ開発など事業拡大に拍車をかけている。

同日、ソニーは2022年3月に終わる会計年度に1兆円(91億ドル)以上の記録的な営業利益を予想すると木曜日、今年2度目で年間収益見通しを上方修正しました。

会社は営業利益が1年前より9%増加すると予想している。 以前は3%増の9800億円を予想していた。

ソニーも年間純利益見通しを7300億円に修正した。 ソニーは、以前にソニーが今年の純利益が32%減少すると予測した1年前の利益減少を29%に減らしました。 同社は売上見通しを前年同期比10%増の9兆9000億円と2000億円上方調整した。

この象徴的な会社は昨年、ファンデミックによる需要によりゲーム収益が急増し、当時9,710億円の営業利益を記録しました。 ソニーはテレビやその他の電子製品の販売好調に支えられ、今回の会計年度の営業利益がこの数値を上回ることを期待しています。 音楽ストリーミングの売上高の増加とアニメーション事業の売上高の増加が上昇傾向を支えるだろう。

READ  サマソニ20年の名演を一挙公開 開催決定

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close