技術

ソニー、Suicaに対応した第3世代のスマートウォッチ」wena 3 ” – AV Watch

ソニースマートウォッチ」wena 3 “

ソニーは、時計バンドの部分にスマート時計機能を内蔵した「wena」の最新モデルで、バックル部分に部品を集約し、Suicaに初めて対応した「wena 3」を発表した。 「metal」、「leather “、” rubber “と3種類のバンドが用意されてmetalとleather 2色展開。 1日14時から予約受付を開始しており、発売は11月27日。 価格はオープンプライスで、店頭予想価格はmetalシルバーが33,000円前後、プレミアムブラックが35,000円前後。 leatherブラウンが30,000円前後、プレミアムブラックが32,000円前後、rubberは24,000円前後の見込み。

また、工業デザイナーである山中俊治氏とイタリアの自動車デザイナーのファブリックリッツィオ・消去アローさん、時計メーカーの大型シチズン、セイコーとコラボしたヘッドを採用した製品も発表、こちらも予約を受けている。

シリーズ初のSuicaに対応

これまで「wena wrist “に展開されてきたスマートウォッチの第3世代既存の「wena wrist pro」でより短く記憶に残りやすいように名称が変更されました。

「wena 3」ではバックル部分に部品を集約した

既存のモデルは、バンドの各フレームに部品を分散する形だったが、wena 3はバックル部分に部品を集約。 以前のモデルのwena wrist activeで体積30%、厚さ2.5mmの小型化を達成しており、デザインの自由度も向上。 3種類のバンドが作成できるようにし、時計メーカーと協力したときにメーカーがバンド部分もデザインすることができるようになった。 時計業界標準の5気圧防水仕様。

初めて「Suica」に対応する

初代モデル登場時からご要望が多かったという電子マネー「Suica」に初めて対応した。 充電と残高確認等は、iOS / Android用の専用アプリケーション「wena 3 ‘を介して操作することができる。 既存のモデルが対応してきた楽天EdyとiD、QUICPayなどにもそのまま適用。 ただし、初期設定時にiOS端末が必要な点は変わらない。

本体には、1週間持続するバッテリーに加えて、約24時間の予備電力も内蔵。 もし外出先でも、本体のバッテリーが放電した場合でも、予備電力で電子マネー機能を利用することができる。

バックルの基板サイズは従来の半分以下に電気回路と基板パターンなどは、自社設計。 部品配置を三次元的に制御する。 バッテリーとディスプレイ、ガラスなど、すべての曲線部分です。 バックル部分の有機ELディスプレイは、タッチ認識の通知や電子マネーの残高、消費カロリーなどを一目で確認することができる。

ディスプレイは、屋外での視認性を向上。 照度センサによる自動明るさ調整も可能である。 デスクにぶつかっても傷が付かないようにCorningの「Gorilla Glass(ゴリラガラス)」が採用されており、90cmの落下衝撃にも耐えている。

発売後、ユーザーの更新忘れ物防止タグ “MAMORIO」にも対応する。置き忘れを防止通知機能とMAMORIOの遺失物発見システム「クラウド追跡」機能、商業施設などに設置されている「MAMORIO Spot」などの調査ネットワークなどを利用することができようになる。

光学心拍センサーは、従来の緑色LEDに加えて、赤色LEDを搭載したデュアル仕様。 デュアル式になって手首と指の動きによって発生するノイズを除去するソニー独自のアルゴリズムを採用したことで、より正確な心拍数を測定することができるようにする。 日常生活の歩行データと心拍数の長期のログを一緒にVO2 Max(最大酸素摂取量)を推定する機能も備えている。

Amazon Alexaも搭載して話しかけるだけで天気予報をチェックして、スマート家電を操作することもできる。 そのほか、スマートロック “Qrio Lock」との連携機能Wena 3でペアリングされたスマートフォンを見つける機能なども備えている。

従来は18/20 / 23mmの3種類しかされたラグ幅は18〜24mmまで1mmごとに7種類の増加、様々な時計ヘッドに対応できるようになっている。

バンド展開は3種類

metalバンドシルバー

バンドはmetal、leather、rubberの3種類。 metalは、ステンレス素材「SUS316L」を使用すると、フィット感を追求し小さくデザインされたフレームにヘアラインを入れ高級感が演出されている。 デザインは、ディスプレイガラスと幅を合わせたラインが接続されるように仕上げた。 シルバーとプレミアムブラックの2色展開でプレミアムブラックの表面にIP(イオンプレーティング)処理が施され、高い硬度と私のニッケルアレルギーを備える。

leatherプレミアムブラック

leatherはブラウンプレミアムブラックの2色が用意されてブラウンレザーに関する国際的な安全・環境基準である国際皮革環境認証」LWG」を取得している打撃を製造した素材を使用。自然時報を活かした質感と風合いを楽しむことができるとプレミアムブラックレザーの質感や風合いは残しながら、日常生活で使用できるように染料仕上げ顔料仕上げをしたもの。日本のエコレザー(JES)認証も取得している。

rubber 1色展開

rubber 1色展開。 ヘッドの時計の部分を分離して、スマートバンドとしても使用することができる。 バンドを装着したまま頭を着脱することができる新機構「エンドピースコネクタ」も備えている。

有名デザイナーとのセイコー、シチズンのコラボも

バンド団体のほか、オリジナルデザインの時計ヘッドがセットになったモデルも発表された。 工業デザイナーとして知られている山氏がデザインした「wena head designed by Shunji Yamanaka」は、4つのムーブメントを内蔵した「フォー・イン・ワン」モデル。ベゼルリングサイドの3つのサブダイヤルが特徴で、それを帯輪をガラス裏面に蒸着して独創的な立体構造になっている。

「山中俊二がデザインしたウェナヘッド」

ラインナップは東京、パサデナ、オックスフォードをイメージした3モデル。 すべての発売は11月27日(金)市場想定価格は、東京をイメージした「wena Three Hands Silver -Tokyo Edition」とパサデナをイメージした「wena Three Hands Silver -Pasadena Edition」が59,000円前後。 オックスフォードをイメージした「wena Three Hands Premium Black -Oxford Edition-」が60,000円前後。

「サイクルアロアキてトゥーラがデザインしたウェナヘッド」

消去アロさんとコラボレーションした「wena head designed by Giugiaro Architettura」は、モータースポーツでの使用を想定したモデルと、腕時計ヘッドを左右に30度ずつ回転させることができるのが特徴。時計ケースとラグされたリングの間には30度傾けた場所をクリック感を出す機構が備えられており、快適な感じを演出しながら、ヘッドが意図せず回転することを防止する。

シルバーとプレミアムブラックの2色展開で、市場想定価格はシルバーが58,000円前後、プレミアムブラックが59,000円前後。 他のモデルだけでなく、予約は1日14時から受付が、発売は2021年3月12日。

山中さんと消去アロさんとコラボレーションしたモデルは、すべて秋田県湯沢市にある協和精工の時計工場で生産される。

市民の「PROMASTER」とコラボした「wena 3 -PROMASTER Edition-」

市民は本格スポーツブランド「PROMASTER」と共同で「wena 3 -PROMASTER Edition-」が限定500台販売される。 ヘッドはモータースポーツからインスピレーションを受けた多機能ワールドタイム電波時計をベースにwenaオリジナルデザインが施された。 バンド部も「PROMASTER」メタルバンドのバックル部分にwena 3を搭載する。 市場想定価格は99,000円前後の見込み。

セイコーの「BRIGHTZ」とコラボした「wena 3 -BRIGHTZ Edition “

セイコーの「セイコーダイバー」にインスピレーションを受けた「wena 3 -SEIKO Mechanical Edition “

セイコーは今年で20周年を迎える「BRIGHTZ(ブライト)」とコラボ「wena 3 -BRIGHTZ Edition」と国産ダイバーズウォッチ「セイコーダイバー」にインスピレーションを受けた機械式時計 “wena 3 -SEIKO Mechanical Edition」の2種類が発売される。それぞれ200台限定販売で市場想定価格はBRIGHTZ Editionが139,000円前後、SEIKO Mechanical Editionが84,000円前後。また、SEIKO Mechanical Editionは防水性能上、ダイバー時計では使用できない。

シチズン、セイコグァコーラはすべて10月1日予約受付開始11月27日発売。

また、セイコーは、ソニーと共同開発したヘッド部には、電子制御可能な専用のアナログムーブメントをバンドのバックル部分にwena 3を搭載した「wiredwena “2モデルやアニメーション作品「攻殻機動隊SAC_2045」とコラボした「wiredwena攻殻機動隊SAC_2045コラボボー “2モデルを2021年1月15日(金)に発売するほか、市民は、ソニーとの提携契約を締結した。 2021年の夏頃に会社のIoTサービス「Riiiver」にwena 3を対応させる予定である。

wena 3の発売を記念して、1日(木)18時から「ソニースマートウォッチ「wena 3」を発表記念特別対談」がTwitterライブで配信される。プログラムは、wena事業室統括部長対馬徹平氏のほか、フリーランスの編集者の長谷部敦さん、時計専門誌「クロノス日本版」編集長廣田雅将さん、家電女優として知られている前SDN48の夏子さんが出演する。

READ  Sony Japan | プレスリリース| 5G対応のフラッグシップレンジのスマートフォン「Xperia 5 II」を商品化

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close