技術

ソニーが「チアリオ型」ヘッドフォンを発売科学・技術ニュース

ソニーは、音楽やポッドキャストを聴きながら周囲の世界の音を聞くことを望む人のために、新しいCheerios型ワイヤレスヘッドフォンラインをリリースしました。

£149で購入できるLinkBudsは、挑戦への斬新なアプローチを採用しています。

AppleのAirPodなどの一部のヘッドフォンモデルには、周囲の音を増幅する透明モードがあります。 Shokzのような他の人々は骨伝導を使用して耳を覆わずに頬の振動を通して着用者に音を伝えます。

しかし、LinkBudsは真ん中の穴を持つ12mmリング状のドライバーを使用して、音が邪魔にならない外耳道にまっすぐに届くようにします。

ビデオ:
リング状のスピーカーは外部音を通すことができます。 写真:ソニー

「Never off」は、LinkBuds 5.5時間のバッテリー寿命と人々が会話中でも着用できる機能により、日本の技術大企業が実行することを選んだ広告スローガンです。

新しい装置は白と濃い灰色で提供され、部分的にリサイクルされた材料で作られているため、ほこりや糸くずを入れたかのように目立って汚れて見えます。

もちろん、1979年にウォークマンを開拓したソニーは、耳を完全に覆ういくつかのヘッドフォンを含む幅広いヘッドフォンを持っています。

レビューによると、他のモデルのいくつかは熱心なオーディオ愛好家に好まれることがあります。 多くのレビューでは、Cheeriosのようなスタイルは、LinkBudsが望むだけの低音を伝えるために苦労することを意味すると言います。

Sonyに含まれるもう1つの珍しいデザイン機能は、LinkBuds自体を押すという問題を認識します。

代わりに、着用者は耳の前でタップして制御でき、鳥は振動を通して一連のジェスチャーを認識できます。

READ  マクドナルドSaweetie Meal様々な消費者に近づいていくブランドの最新信号:NPR

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close