経済

ソニーが「1222億円の買収」したアニメーション配信会社「危機ロール」は誰?…キーは「鬼滅」関連その会社| Business Insider Japan

危機ロールのiPhoneアプリ。 各種プラットフォームのアプリケーションを準備している。

出典:Crunchyrol

12月9日(現地時間)、ソニーの子会社であるSony Pictures Entertainment(SPE次ソニー・ピクチャーズ)は、米国のAT&Tのよりアニメ配信サービス「危機ロール」(Crunchyroll)を運営するEllation Holdingsの子会社化に合意したと発表しした。買収の主体となるのは、ソニー・ピクチャーズ傘下の米国法人Funimation Global Groupから買収金額は11億7500万ドル(約1222億円)である。

この夏から、ソニーが危機ロールを取得することがないかという観測が出ており、合意は秒読みとみられていたが、年を超えることなく定着した。

ソニーはなぜ危機ロールを買収したのか? ネットフリックスとの関係、キーとなる企業も含めて、その背景を考察してみたい。

危機の役割はどのような会社か

②

ソニー・ピクチャーズの「危機ロール」買収ニュース。 12月9日(現地時間)。

筆者撮影

危機の役割は、アニメーションを中心とした映像配信事業者ある。 創業は2006年。 アメリカ・ヨーロッパを中心に、200以上の国と地域で広告ベースの無料配布と月額課金制の有料サービスの両方を展開している(日本国内では、サービスを展開していない)。

現在の有料会員数は、ソニーのプレスリリースによると、300万人以上。 登録されたユーザーは、9000万人を超える。 現在は、その伝達だけでなく、ワーナーメディア傘下の月額課金制映像配信サービス「HBO Max」もコンテンツを提供している。

危機ロールが「異色」は創業当時は日本のアニメを見たい西洋アニメファンが不法に配信された日本の作品に勝手に英語などの字幕を付けた「ファンサブ」という動画を共有して表示海賊版サービスだったのだ。しかし、その後、2008年に東京と協力して、「正式に権利を取得して、海外でのアニメーションを提供する」窓口に姿を変えていった。

③

危機ロールオフィスの場所。 サンフランシスコに本社を置く、日本を含む世界7所のオフィスを持つ。

出典:Crunchyrol

現在、多くのアニメが日本で放送直後、海外で視聴できるようになっているが、そのような伝達形態の先駆者となったが、危機の役割である。

多くの日本のアニメ会社と提携し、海外に配信を担当するだけでなく、アニメ製作委員会にも名を連ねたまた、2020年からは危機ロールで流すことを目的とより主体的に製作参加した「危機ロールオリジナル」も展開している。

ネットフリックスとも違う」ファン特化型ビジネス」

ビジネスインサイダー・ジャパン

先に述べたように、有料会員数は300万人で、決して多くはない。 しかし、他の映像伝送と大きく異なるのは、「アニメファンが圧倒的に多い」という点だ。

これは、同じ「日本のアニメ」に注目していても、ネットフリックスなどは方向性が異なる方式である。 ネットフリックスは、アニメーションを有力コンテンツ捕捉 “他の国のこれまでのアニメーションを見ていない人も広げる」と価値高めようとしている。

一方、危機の役割は、「ファンがいる所に転送サービス」に近い。

日本のアニメは世界的に見ることができますが、実際にハリウッド映画のように大量の存在は、されていない。 しかし、日本のアニメや漫画、ゲームなどに代表される文化を濃く*強く支持する人々が世界にいる。 そこにチャンスがあるのは間違いない。

危機ロールは最近、アニメーションだけでなく、東アジアのアイドルや文化関連プログラムの配信も取り上げられた。 「アニメやマンガを軸とした東アジアの文化に親和性の高い人々を引き寄せる」を狙っているようだ。

一方、AT&T傘下のワーナー・メディアからよりメスウルのためのサービスを展開している。 コンテンツ調達先での危機の役割は重要であるが、その事業規模自体はそこまで関心がなく、合理化が検討されていた。

キープレーヤーになることは、「鬼滅」制作元アニプレックス

鬼滅の日

引数主体となったFunimation Global Groupは「鬼滅の日」の企画・制作を担当したアニプレックスの子会社でもある。

撮影:大塚淳

その後、ソニーはどうなのか?

今回の買収の主体となったFunimation Global Groupは、ソニー・ピクチャーズの子会社であるが、同時に、日本の「アニメフレックス」の子会社でもある。 アニプレックスは、ソニー・ミュージックエンタテインメントの子会社であるソニーで日本のアニメーション制作の拠点である。

今なら「鬼滅の日」の企画・制作を担当する会社といえば距離がいいだろう。 スマホゲム「Fate / Grand Order」を運営して、ソニーの業績にも一時的に大きく寄与した。

そのアニプレックスが日本で作成したアニメーションを世界に広めるために、2017年に買収したのがFunimation。 危機ロールの引数と目的は同じである。

ネットフリックスなどの比較」、ソニーも映像伝送を持っていたい」という言葉をすることができますが、それはあまりにも間違っている。 非常に価値が高い」、日本で制作されたアニメーション」を海外展開する際に「最初から内部で一貫性のある計画を立てて事業を推進する」ことが目的ある。

映像コンテンツ制作費が重要である。 制作費が、品質が決定されるわけではない、十分な制作費がないと品質の担保は難しい。 もし「まず、日本の顧客のために作る」作品も海外販売を見つめて資金調達や事業計画を立てる必要が出てくる。

アニプレックスは「アニメ」という事業をより大規模に回ることとしていくことをビジネスモデルの一つとして位置あった。Funimationは、その窓口の一つであり、より大きな存在する危機ロールを買ったと思った方が良い。

「暗いファンが集まっている場所」を確保しておいて、そこにパイプすることは非常に信頼できる戦略である。 自社のキャプチャするとすることができる。 また、海外のファンが見てもアニプレックスはよく知られている存在。 そこに続く形で危機役割を買収したのは、ファン心理的にも、見知らぬ企業に買収されるより安心できる材料と思われる。

(本文・西田宗チカ

READ  遅延計測機能搭載の360Hz表示対応液晶などALIENWAREがゲーマーのためのディスプレイなどの3製品を発表

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close