経済

ソニーの多機能LED」多機能ライト2」新リモコンで操作性の向上 – 家電Watch

スマートコントローラで操作が可能になった「多機能ライト2」

ソニーのネットワーク通信は、スマートフォンなどで操作することができるLEDシーリングライト「多機能ライト2」を11月20日に発売する。「MFL-1100S」「MFL-2100S」の2モデルをラインナップし、価格はopen price。 店頭予想価格は順に27,000円前後、43,000円前後。 11月6日から予約受付を開始した。

ネットワーク対応のLEDシーリングライト。 スマートフォンの操作に加え、新たに専用リモコン「スマートコントローラ」を一緒にした。 ワンボタンでBluetoothのペアリングとボリューム調整、守って機能の設定が可能になった。 また、客室の状態で使用できる機能が一目でわかる専用アプリケーション「MFlight2」を発売し、使いやすくなったという。

ボタン一つペアリングなどの操作が可能

多機能光は、赤外線リモコンを使用するTVやエアコンなどの家電の操作アプリケーションを介して家の外家電操作、Bluetoothを介して天井から音が降り注ぐスピーカー機能、お部屋の温度と湿度の可視化スマートスピーカーと連携した音声で家電制御などのさまざまな機能を搭載する。 「人体検知/温度/湿度/照度 “センサー、マイク、スピーカーなどを内蔵コントロール機能を持​​つ多機能デバイスと専用LEDシーリングライトで構成されている。

これまでのスマートフォンで動作していたが、専用のスマートコントローラを提供することにより、アプリケーションを介さずにワンボタンで様々な機能を利用できるようになった。 会社が行ったユーザーアンケートで「スマートフォンを使用せずにペアリングやボリュームを操作したい」「スマートフォンのない家族の帰宅時守っモードを解除したい」という声に応えた。

多機能ライト2

専用スマートコントローラ」LGTAR-100」

専用スマートコントローラ」LGTAR-100」は、Bluetoothペアリング、ボリュームの変更、ミュート設定室内で人の動きを検知したときにビープ音を発する「守っモード」の設定/解除ボタン1つで行う。 機能は、随時更新予定している。

発売した専用アプリケーション「MFlight2」は部屋の状態に有効な機能を一目でわかるビジュアルに変更。ホーム画面には、リビングルームの画像を見ることができます。ライトの点灯状態(ON / OFF /夜間照明)アル部屋の明るさに応じて背景色が3段階に変化する。また、最近の5分前まで人の動きをイラストで示して在室状況を一目で確認することができます。室内の温度/湿度/照度も表示する。

また、エアコン、テレビのイラストをクリックすると、それぞれの操作画面に移動し、「音楽」を押すと、音楽のプレイリストが表示される。

お部屋の状態がイラストで知っている専用アプリ

多機能ライト本体の仕様変更により、Bluetoothのペアリング切り替えにかかる時間を短縮し、内蔵装置を調整して中高域の音が鮮明になったという。

また、MFL-1100Sは、「守ってモード」非搭載モデルであり、TVやエアコンの操作は、ライセンスの購入が必要である。 (テレビ:1,500円、エアコン:2,500円)。

本体サイズは520×111mm(直径×高さ)。 消費電力は42W。 明るさ4,300lm。 色温度は2800〜6,500K。 演色性はRa85。 Wi-FiはIEEE802.11b / g / nをサポートします。

「MFL-1100S」「MFL-2100S」の機能の比較

READ  「プッシュ株式」韓国BTS週4日半額に100万円が50万円になっても、「投資と愛」は両立するか(山崎俊輔) - 個人 - Yahoo!ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close