エンターテインメント

ソニーの記録的な年には、日本の従業員が「7ヶ月」の給与」のボーナスを受け取ることになります。

ソニーは今月末年末史上最高の純利益の発表を控えて、日本の従業員に、史上最高水準のボーナスを支給することが分かった。

によると、 NHK会社は労組が要求した6.9ヶ月よりも高い7ヶ月の給与を支給する予定である。

NHKは経営陣が労組の要求よりも高い金額を設定することは珍しいことではありソニーが、そのような寛大さを見せてくれたのは20年ぶりに初めてだと指摘します。

季節のボーナスは、一般的に、日本人の給与労働者に毎年2回支給され、金額は毎年変動し、労働者の給与の一部とみなされます。

ソニーは、大流行期間中に、人々が家に滞在し、娯楽のための需要が急増し、今月末年に約100億ドルの純利益を記録すると予想されます。

ソニーのゲーム事業は、2月に発表された最新の財務結果によると、システムの11月に発売と2020年12月31日の間に450万台のPS5コンソールを出荷したと発表したところによると、年間の最高を記録しています。

ソニーは日本の従業員に、史上最高水準のボーナスを支給することが分かった。

Sonyは、ゲームとネットワークサービス部門の年間見通しを最大250億ドルの売上高と3400億ドル(32億ドル)の営業利益に修正しました。 これ部門の記録的な年になるでしょう。

ソニーの音楽セグメント人気アニメ事業を含むハヌンヌンまた、今年中に強い数を記録し、これはアルバムの売上高が前年比17.5%増の直近の四半期に支えられ増加した。

ソニーは10月PS5の初期販売目標コンソールが750万台を出荷した会社のFY2013下半期に達成したPS4の発売販売を凌駕すると言いました。

「私たちは現在、760万人以上の会計年度の販売目標を達成するために軌道に乗っているが、顧客の高いレベルの需要を完全に満たすことができませんでした。」と同社は水曜日に語った。

「私たちは、PS5を待っている顧客に、可能な限り多くのデバイスを出荷するために最善を尽くしています。 “

READ  ジュニアウィンブルドンチャンピオン望月、デビスカップ日本デビュー

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close