経済

ソニーの賢明な照明、多機能照明が非常に進化! 様々な機能をより簡単に使える【そこが知りたい家電の新技術】 – 家電Watch

ソニーの多機能ライト “MFL-2100S」

ただし、昨年の今頃「読者よりも先に私がしたい!!!! “と記事で紹介したソニーの「多機能ライト」

一般的に使いやすいスマート照明量の仮面をかぶっているが、実際にその内容は、LinuxのベアボーンPCに各種センサーを内蔵したオオカミ! 技術が好きな皆さんが狂喜乱舞するデジタル機器だったのだ! その全貌は以下の通りである。

  • 色温度と明るさ、夜間照明をスマートフォンで制御することができ
  • Bluetoothスピーカー内蔵で音が天井から降り注ぐ
  • TVのオーディオでもリップシンクとの声が合っ低い遅延aptX LL搭載
  • ライトの内側に付いている8つの赤外線リモコンで家電製品を制御
  • 温度/湿度/照度センサー内蔵
  • 上記のセンサーをトリガー、照明などを描く制御
  • 起床時にますます明るくなるモーニングライト
  • スマートスピーカーと一緒に “OK、Google」と「Alexa」を使用することができ

そんな多機能ライトの最新モデルが11月6日に登場。 さらなる進化を遂げた「MFL-1100S」(27,000円)と、その上位モデル「MFL-2100S」(43,200円)で、この日から予約受付開始される。

ソニーの多機能ライトに新たなモデルが登場

前多機能ライトは企業向けの機能で、個人利用に封印されていた人体検知センサーとSDカードスロットが(1世代前の8月発売モデルと同様に)公開されている。 また、今回のモデル “多機能ライト2」は、照明制御だけでなく、スピーカーの音など、頻繁に使用する機能をスマートフォンだけでなく、実際の専用リモコン「スマートコントローラ」も操作できるようになった。結果的に書くことにさらに磨きがかかった天井照明非常に進化したものである!

アップグレード後にフツーに戻ってきた? その真相は

新しい多機能ライトに進化した大きなポイントは、一般的な天井照明のように「実際のリモコンで操作することができる」という点だ。 えっ!?

多機能ライトと一緒に提供されているリモコン “スマートコントローラ」

「既存のモデルのようにスマートフォンで操作することができなくなった?」いや、そうではない。 スマートフォンでも操作することができますが、リモコンでスマート機能を操作できるようにしたものである(従来の照明機能のリモコンは含まれてい)。

果たして “It ‘sa SONY”多くの会社であれば、リモコンの天井照明を製品化して、IoT製品を出すところ。 しかし、ソニーのアプローチは違う! まず、ハードIoT多機能照明ありきで、ゲストの「リモコンで、より多くの機能を操作したいよ」というニーズに対応したわけだ。 このゲストの期待をピン!に進みしまうほどのお菓子方法がソニーだ。

あなたのソニーTVリモコンより長さが3cm程度短かった

専用ホルダーも含まれており、壁に掛けて慣れているホワイト

もちろん、スマートフォンでも操作することができ

その結果、リモコンが含まれている通常の天井照明されたものと考えるかもしれないが、実際には内容も大きくアップグレードしている。 主な特徴を簡単にまとめると以下の通りである。

  • Bluetoothペアリングとスピーカー機能音量調節、ミュートリモコンもできる
  • 守ってモード(後述)に切り替え、すぐに行うことができ
  • また、隠された機能を追加しました!?

このように専門家のジェネラリストが天井照明は、「より多くの人々が使いやすい」機能を追加した多機能ライトへと進化したものである。同様に、よく見ると、より隠された機能を備えているもので、それはも後で説明したい。

[칼럼]ソフトウェアエンジニアの森本さんがぶっちゃました!

ソニーのネットワーク通信IoT事業部門事業推進部L-Gadgetとシニアソフトウェアエンジニアの森本真一氏

便利な機能を体験する前に、ここでは、製品を開発したエンジニアへの取材で聞いたちょっとマニアックな話をしたい。

リモコンと天井照明の間の通信は、Bluetoothの代わりに赤外線を使用しています。 今までのエアコンとTVを操作することができる「赤外線送信機」は搭載していた。しかし、今回のリモコン操作を受け付けるため、「赤外線受信機」を追加した。大手電機メーカーのエンジニアの両方が、 “今までの受信機持っていないのだろうか〜い!」とツッコミを入れるところである。

森本さんはぶっちゃ桁の話をしていただく優しいエンジニア、通常は聞くことができるような話もいろいろ知ることができました!

一方、スマートフォンと多機能ライトはBluetoothを介して通信する。 したがってペアリングが必要ですが、天井に付ける天井照明ペアリングボタンを付けることはナンセンス。 だから先代は、壁のコンセントのスイッチを入れてもう一度(天井照明が再起動)とペアリングモードになっていた。 奇想天外な仕様だが、 “だね」というエンジニアの声が聞こえてくる(笑)。

しかし、今回のリモコンが付属したもの、「BT」ボタンを押すだけでペアリングモードに変わるた。 便利! だから再起動しなくても、スマートフォンを登録できるようにソフトウェア的に根を改良している。

隠された機能だった人体検知センサーとSDカードスロットを使用できるように!

招待多機能ライトは、企業の隠された機能に搭載された人感センサーとSDカードスロット。 本製品は、その機能が確実公開され、さらに便利になっている。

守っ機能の使用イメージ(スマートフォンで設定)

スマートコントローラでも守って機能を設定することができ

その人体検知センサーを活用した機能のいずれかが「守って」である(MFL-2100Sのみ)。 スマートコントローラの「盾」型のアイコンをクリックするか、スマートフォンで見て機能をONにすると、人体感知センサーが部屋を監視します。 不審者が侵入してきた場合、人体検知センサーが反応すると、警告メッセージを流す。

同時に部屋の音を30秒、SDカードに録音スマートフォンに対応、音声ファイルを転送して、部屋に異常があることを通知。 より大きな警報音を鳴らすことである。 誤動作防止のためのアラームまでの30秒間の猶予があり、以前にモードをオフにあれば発令する。

この体験が、スマートコントローラでもできるようになったのが、新しいモデルに大きな注目ポイントの一つだ。 これまで、例えば、スマートフォンがない子供が帰宅したとき守っモードを解除することができないという問題があった。 しかし、新しいモデルのスマートコントローラを使用すると、スマートフォンがない子も解除することができ、解除後の裏面の動作は、異常と判断し、30秒間録音は、行と安心構造。

他にも多機能照明がアラーム音楽をかけて、人体検知センサーで人の反応があれば、アラームを自動的に停止する使い方も可能になる。

今回の新モデル製品化におけるアプリケーションを刷新している。

アプリのホーム画面

一見分かりやすくリビング風の可視化

空室状況をより視覚化された画面になっている。 人がいる場合はソファに座った人のシルエットが表示され不在の場合は、表示されない。 また、TVとエアコンを操作するには、画面の機器の画像をタッチすると、それぞれの操作画面の切り替えれるようになっている。 もちろん、従来のインタフェースも残っており、おなじみのメイン画面での操作を行うことができる。

また、MFL-1100Sで赤外線でTVとエアコンを制御するためには、別途のライセンス料が必要です。 初期インストール後2週間体験することができ、継続利用するには、ライセンスを購入する仕組み。 11月6日〜11月26日の期間中に、TV /エアコン量のライセンスが無料となることなので、試してもいいだろう。

アプリでTV操作画面

照明の操作画面。 写真はあらかじめ設定された照明環境を呼び出し画面。電球色と昼光色コントラストを手動で決定画面も

従来モデルの使用イメージ

新しいモデルは、さまざまな側面から改善した

新モデル2機種の主な機能の比較
番号MFL-2100SMFL-1100S
照明(明るさ/色)の操作アプリアプリ
Bluetoothで音楽を再生するアプリケーション/リモコンアプリケーション/リモコン
時間/人の動き/温度で機器の操作アプリアプリ
Amazon Echo / Google Homeアフィリエイトアプリアプリ
温度/湿度/照度の24時間の変化を確認アプリアプリ
テレビ操作アプリアプリケーション(オプション)
エアコン操作アプリアプリケーション(オプション)
センサーで部屋を守って以上を記録アプリケーション/リモコン
音声メッセージを出すアプリ
敷地内でのスマートフォンで訴えアプリ
価格43,200円27,000円

注目は、品質改善! 中音域のクリアなサウンドを、低遅延で楽しむことができ

新しいモデル2100Sと1100S一般的な改善点は、内蔵スピーカーの音質にも影響を及ぼしている。 重低音を強化するバスレフ型で、バスレフポートを床に配置することで、天井の振動を出さず、天井に設置してもビリビリと機器と天井が響く振動音もなく。 今回手が入った中音域の音質改善である。 1〜2kHzの帯域の中音域が鮮明に聞こえるように調整した。

したがってピアノやバイオリンのような音が鮮明に聞こえボーカル(特に女性ボーカル)もクリアなサウンド。 また、ニュースなどの音声も明確に聞こえる。 日頃から搭載して低遅延(Lowレイテンシー)のBluetoothオーディオコーデック(aptX LL /アパートのXエル)もサポートします。 送信者がaptX LLに対応していれば、TVの音を再生しても、画面のリップシンクとスピーカーから聞こえる音がズレない(遅延が40ms未満であるため、TVの音と同時に再生すると、医師サラウンド効果を持っている)。 つまり、この照明がaptX LL対応のBluetoothスピーカーとしても便利に使用する。 もしテレビ側がaptX LL音声伝送に対応していない場合は、別の送信機を買ってTVに接続することをお勧めする。

新しいモデルのスマートコンローラによりTVと接続すると、音声も、スマートフォンを使用せずにコンロルできるようになったことも大きな特徴。 「TVを見ているとき、スマートフォンのアプリケーションを起動ボリューム調整する手間」という声にお応えして改善された形態である。

リモコンに隠された機能!? 今後の更新も楽しみに

多機能ライトは冒頭でも述べたように、内容は、LinuxベアボーンPC。 いわばスマートフォンのアプリケーションがますます更新し、使いやすいように更新の多機能ライトもますます使いやすくなる。 このような機能が欲しい! あんな機能が欲しい!とソニーに送信した要求が製品で実現されてきたわけだ。 歴代の改革は、VOC(Voice of Customer /ユーザーの声)を収めたもの。 今回のリモートコントロールも人体感知センサーの個人的な使用のための公開も言うを受けたことが分かった。

ただし、今回の新モデル発売時点では公開されていない機能は、事実であるようだ。 それは知ることができるのは、リモコンのボタン。

リモコンの「マイク」「ゲーム」「指」を連想させる3つのボタン(赤い丸で表示した部分)。 今後のアップデートに機能を追加されている?

照明制御ボタンとボリュームボタン、盾マークのセキュリティボタンの説明の通り。 しかし! Playボタンのようなもののマイクボタンのようなものを指アイコンのようなもの、ソニーから何の説明もない。 それよりインタビューした筆者も秘密と!

マーおおよその機能は、ボタンからは想像できますが、今後の更新が進めば、この3つのボタンの詳細も明らかになるだろうし、かなり楽しい。 リモコンはMFL-1100SとMFL-2100S共通のため、おそらくアップデートもすべて行われる。

蛍光灯式室内灯の交換に! 単独で、または自分の部屋に

多機能ライトをお勧めしたいのは、このような人である。

・単独で、または新婚夫婦の二人暮らしのダイニングキッチン
・自分の部屋に天井照明に
テレビを見て、リビングルームの天井に

対応畳数が10兆程度なので、最近のマンションや一戸建ての14条以上LDKをこれ1台で調達は少し不足かもしれない。 例えば、リビングやダイニングキッチンにそれぞれ照明シーリングコンセントがある場合、リビングルームに多機能ライト、ダイニングキッチン補助天井照明を入れるのがよいだろう。

このような構造であれば、TVがリビングルームに多機能ライト、内側のダイニングキッチンにサブ天井照明を入れるといい

READ  楽天スーパーSALE 9月4日20時から開催! 楽天モバイル楽天回線のSIMフリースマホ「AQUOS sense2」などが最大81%OFFで - S-MAX

また、2020年を持っている “ことができ下記を使用した製品の製造・販売中止」になる。蛍光灯に使用水銀の量はごく僅かであるため、来年以降の発売中止製品の蛍光灯は該当しない。しかし、国内の大手メーカー蛍光灯式の照明でほぼ撤退した。交換用蛍光灯を作るメーカーも半減した。このため、蛍光灯はないワリ、Gワリに上昇しているようで、交換はLED式の天井照明した選択されている。

もはや流通左ロイ残っているだけだという気がしまし蛍光灯式の天井照明電気料金も蛍光灯に比べてLED式半額程度になる

さらに、省エネを考えると、10畳用蛍光灯と、年間の電気代は約6,300円(1日8時間点灯を想定)。 しかし、多機能ライト買い替え年間電気料金は3,300円と3,000円の経済という計算だ。 さらに、蛍光灯と数年に一度買い替える必要がある。

そう考えると、天井照明しながら、温度・湿度計にもなってほとんど遅れのないBluetoothスピーカーが付いて27,000円(MFL-1100S)破格値とすることができる。

今までの蛍光灯を使用していた人も、今年は、LEDシーリングライトの交換にちょうどいいタイミング。 便利な機能がスマートフォンだけでなく、分かりやすいリモコンでも操作することができ、今後も長い間継続して使用のような照明が多機能ライトである。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close