ソニーピクチャーズの「ガーフィールドムービー」ドバイ公開アラブニュースジャパン

1 min read

アミンアブバス

ドバイ:ジム・デイビス(Jim Davis)が制作した連載漫画ガーフィールド(Garfield)をベースにした最新アニメ冒険コメディー映画であるソニー・ピクチャーズ(Sony Pictures)の「ガーフィールドムービー(The Garfield Movie)」が土曜日、ドバイシティセンターミルディフ( City Center Mirdifのボックス・シネマ(Vox Cinemas)で開封されました。

映画プレミアは、Vox Cinemas、Empire Entertainment、Sony Pictures、Purina Arabia、The Pet Shop、その他のパートナーが主催しました。

もともと1976年にJonという名前で現地で出版され、1978年にGarfieldという名前で全国配給を通じて、この物語は猫ガーフィールド、彼の人間所有者であるジョン・アーバークル、そしてイヌ・オーディの人生を年代記として記録します。 2013年現在、約2,580の新聞とジャーナルに連載されており、世界で最も広く連載されている連載漫画としてギネス世界記録を保有しています。

家族や子供たちは大好きなオレンジ色の猫を大画面で見ることができて楽しかったです。 映画では、ガーフィールドは長い間失われた父親であり、路上猫であるビッグと再会し、ビッグは彼と共に危険な冒険をするようになります。

20世紀のフォックスとPaws, Inc.のライセンスが満了してから7年後の2016年5月、Alcon EntertainmentはMark Torgoveの台本に基づいてJohn CohenとSteven P. Wegnerが制作を担当する新しいCGアニメーションガーフィールド映画を開発すると発表しました。 Paul A. Kaplan.Mark Dindalは2018年11月に監督として発表され、来月からプレプロダクションが開始されました。

映画は5月23日から中東全域の映画館で上映される予定だ。

READ  ウクライナで1970年映画セット場を運営する日本の劇場
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours