ソフトウェア能力でプレミアムEVで競う新ソニー・ホンダベンチャー

Estimated read time 1 min read

ソニーホンダモビリティ ソニーグループ ホンダ自動車とホンダ自動車は2026年から高級電気自動車(EV)供給を開始する計画だと10月13日明らかにした。

しかし、ソフトウェア中心の高度な電気自動車を通じた市場支配力の構築は難しいかもしれない。 現在、米国Teslaとヨーロッパの自動車メーカーが提供するブランドがこの部門をリードしており、他の自動車大企業も同時期にインターネット接続車の機能と価値を向上させるために独自のソフトウェアを発売する予定です。

ヨーロッパ、アメリカ、中国企業が電気自動車市場を主導しているなら、ソニーホンダモビリティが高級市場を狙っている。 市場シェア基準世界1位の自動車メーカーであるテスラは、既存事業を活用して高級車販売を着実に増やしてきた。 メルセデス・ベンツやBMWなどのヨーロッパの自動車メーカーも、自動車革新にもっと費用を費やしたい高付加価値の顧客を引き付けるために熱心です。

10月13日、水野康秀会長兼CEOと川西泉さん、ソニーホンダモビリティ社長兼COO(©by Mina Terakouchi)

コネクテッドカー

ソニーホンダモビリティは市場の後発ランナーです。 川西いずみ社長兼COOは10月13日、記者懇談会で「自動車は常に走行性能など機械的要素で競争してきた。我々は市場で競争力のある電気自動車を作るために価値を加えることを目指す」言った。

カワニシは、ソニーホンダモビリティの自動車プラットフォームがインターネットに接続されると述べた。 新しい自動車会社は、ソニーの強みの1つであるセンサー技術を使用した自動運転機能と、エンターテイメントと快適さにより、よりパーソナライズされた車内環境を提供する方法を約束します。 「モバイルスペースで新しいコミュニティを作成する」ためにメタバスにアクセスすることもできます。

10月13日、ソニーホンダモビリティ発売イベントでプレゼンテーションを行う会長の水野安秀会長兼CEO(©Sankei by Mina Terakouchi)

水野康秀会長兼CEOは、高度に専門化されたパートナー企業や創造的な個人とのコラボレーションを通じて、「既存の事故に挑戦する高付加価値製品とサービスを提供したい」と述べた。

搭乗者と外部世界を結ぶ「コネクテッドカー」をより多く生産するための競争が激しい。 自動車機能は、スマートフォンのアップデートなど、新しくリリースされたソフトウェアで継続的にアップデートされます。 トヨタ自動車、ドイツフォルクスワーゲン、米国ゼネラルモーターズがそれぞれ2025年頃車内ソフトウェア製品を披露する予定であり、アップルの自動車市場進出も期待される。

広告

福島和牛?  50以上の管轄区域で日本食品の輸入制限を緩和する新しいオプション

Sony Honda Mobilityは、「Mobility Tech Company」というスローガンの下でソフトウェア中心の車両開発を推進しています。 Sony Honda Mobilityが高度なEV市場で競争するためには、競合他社を上回るソフトウェアとサービスの開発競争力を実証する必要があります。

関連:

(日本語記事を読む このリンクから.)

著者:小金崎健

READ  Georgia Tech #ProJackets バスケットボールレポート – 男子バスケットボール — Georgia Tech Yellow Jackets
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours