技術

ソフトバンク、スマートウォッチ・イヤホン充電用無線電力網計画

日本の携帯通信事業者であるSoftBank Corp.がモバイル基地局の近くを歩くだけで、イヤホン、スマートウォッチ、その他のウェアラブル機器を充電する技術をすぐにテストすると、Nikkeiが学びました。

無線電力伝送装置は、ソフトバンクが発売する5G基地局に設置される。 政府、まもなく規制緩和 無線技術へ 試験を許可するために

SoftBankは、日本全土にある200,000の4G基地局を5Gバージョンに置き換えます。 無線充電サービスは、京都大学、金沢工科大学、国立情報通信技術研究所が共同で開発しています。

5G通信に使用される28GHzの高周波帯域で電荷が転送されます。 ユーザーは基地局にアクセスするだけで互換性のあるウェアラブルを自動的に充電できます。

人体への悪影響を防ぐために、約10mの範囲で約1ミリワットの電力のみが伝達されます。 半径は最終的に約100メートルに拡張されます。

政府は現在、無線電力伝送が通信信号を妨げる可能性があるため、この技術の使用を制限しています。 総務省は早ければ今年の会計年度に無線充電に複数帯域幅を割り当てる指針を発表する予定だ。

政府は2024年頃、室内無線充電を許可した後、屋外用技術を公開する予定だ。 ソフトバンクは早ければ2025年の商用化を目指している。

この技術は、盗難防止のための電子タグの使用を含むさまざまなアプリケーションを可能にします。 人体に移植された健康センサーも実現可能にすることができます。

分析会社のResearch and Marketsによると、世界のワイヤレス充電市場は2026年に153億ドルまたは現在の規模の2.3倍に成長すると予想されています。 専用充電器からデバイスへのワイヤレス電力伝送のためのQi規格は世界中で実施されています。

米国では、OssiaとPowercastは、波長にわたってスマートフォンとゲームデバイスを充電するハードウェアを販売しています。 中国スマートフォンメーカーのシャオミも開発競争に加えた。

READ  日本の株式市場は、最近の上昇後の利益予約に下落

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close